子ども

お手紙

先日、10月の連休にお越しくださった可愛いお客様から手紙が届きました。

P1030177

子どもたちと「あーでもないこーでもない」って管理棟のデッキでたくさん話してゲラゲラ笑っていました。

子どもは帰る頃が、またとっても楽しくなったりするでしょ?

そんな時に、もうお家に帰る時間が来るのってとても悲しくなるんだよね・・・

お手紙くれた女の子もそんな感じで、思わず私に抱きついて・・・

私も我が子のように抱きしめてお別れすることになりました。 

P1030178

姉妹でこんなかわいい絵も書いてくれて、手作りのブレスレットまで入っていました。

ウルウルしてしまいました。

他にも個人的にメールをいただいたり、パオでのキャンプをYou Tubeで作ったものをお知らせくださったり、

先日は「ただいま~」と再度の来場をしてくださった方もありました。

他にもたくさんの温かいお客様に恵まれているから、私はルナルナを続けていけると思っています。

Bg_kumoang_ari

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

息子との時間

3月の4・5・6日は公立高校の入試試験→面接→採点の日のために学校がお休みでした。もちろんクラブもありません。

息子が3日間の休日に出掛ける様子もなくて、家の中でスマートフォンばかりsweat01

出掛けるって言われると送り迎えに時間がとられてる~despair って思うけど、3日間もあるのにお友達と約束しないのも気になるものです・・・

Photo

ちょうど真ん中の木曜が、風もなくとても清々しい穏やかな春の日shineになり、こんな日は外で過ごすにはもってこい!

そんなわけで、冬の間に折れて落ちていた大量の枝を燃すのを手伝ってもらうことにしました。

手伝ってもらうというのは半分口実・・・。

休日を家の中だけで過ごすのもつまらないし、それにここでしかできない体験をもっとさせたいから。

私はここで思いっきり楽しんでいるけど、あの子はいったいどうなんだろう・・・sign02 って思うこともある。 

来年あの子はここを出るかもしれないし~ あ~子育てが終わりつつあることを実感する毎日ですdespair

Ccc

結構楽しんで枝を燃やす高2の息子。

焚き火の炎を見るのって落ち着くでしょ?焚き火なんて町では出来ませんからね。

お手伝いばかりじゃつまらないから~

カセットコンロ、インスタントラーメン、鍋&どんぶり&カップなどお昼ご飯と3時のお茶の用意もしてnotes お腹も満たさなくてはなりません。

本当は私が一番うれしかったりしてcoldsweats01

Photo_3

外で食べるインスタントラーメンを「美味しい!美味しいup」と喜んで食べてます。

自然の中で過ごしながら食事をしたりお茶をしたりするのは、本当に気持ちのいいものです!

息子のお陰で山盛りに集めておいた枝がすっかり片付きました!

(おまけ)

次の日も結局家に居るのであの子が好きなリンゴのケーキを焼きましたapple

Rrr

お母さんは優しいねsmile 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

入院

140904_084902

夏休みが終わり、新学期の一日目を終えたその次の日に

「今日から入院できます。早い方がいいですよsign01」ってcoldsweats02

えぇ~ 入院~? まさか~ sweat01

8月の終わり頃、突然息子の右耳に耳鳴りが鳴り始めた。病院で薬をもらい一週間後にはすべての音が聞こえづらくなってしまった。

「明日○○病院に朝一で行ってくださいsign03sign03

”突発性難聴”ということで早く専門の治療を要する病気で、そのまま息子を残していろんな手続きのために山を3往復することにsign04

9月1日の出来事でした。

ここ数年、夏の終わり頃から「次の新しい扉」が開いていることに最近気づきましたcoldsweats01

「新しい扉」といっても、1時間目が終わって2時間目が始まるようなことですけどね。

えぇ~coldsweats02 なんで~sign02 っていうことが起こる連続が、そもそも「人生そのもの」のような気がします。

2週間の入院治療で、耳は復活!先日から学校にも通い始めましたが、入院中には聴力が元に戻らなかったら・・・  なんて心配もありましたが、耳だけのことで体は元気で食欲旺盛。

ひとり息子ですから一番大事!って言いたいところですけど、私の留守が多くなると気になることがひとつある。

あの子のことです。寂しがり屋アンジーですsweat01

以前、私が一泊で出掛けるために牧場に預けた後、アンジーの精神が病んで体調を壊してしまいましたからwobbly

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

新入生を迎える会

Bg

(管理棟の隅っこで可憐に咲くスミレたち)

この山頂には峰山小学校という小さい小学校があります。キャンプ場のすぐ隣です。隣といっても山ですから徒歩5分は掛かります。

その小学校に今年も新入生が入学しましたshine でもね、町とは違って”たったひとり”なのです。

たった一人の新入生の入学式に地域の方々も参加して、山ならではの温かい入学式があったばかり。

子どもたちは全員で7名。みんな女の子です。

息子が5年生に転校して来た時はたった3人ですから~・・・ 今は活気に満ちています!

先日の木曜はこちらルナルナにて「新入生を迎える会」がありました。

個人情報のこともありますし学校の行事ですから、顔がわからないように計らったつもりsweat01

Bg_2

上級生のお姉さん達が会の始まりの挨拶をしています。

Bg_2_2

峰山の地域の良さを写真も用意して一年生のNちゃんに紹介しています。

Bg_3

この後はゲームをしたり昼食の準備をみんなでやりました。

Bg_4

飯ごうで炊いたご飯でおむすびを作ったり、デザートのチョコバナナを作っています。

その他には野菜炒め・焼きそば・ウインナーなど。みんなで作ってワイワイ食べる外の食事はとっても美味しかったです。

こうして山の子どもたちは、子どもたちの人数以上の先生達や保護者、それに地域の人たちに囲まれて温かい環境で育っていきます。

新入生のNちゃん、がんばってねsign01

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

桜咲く!

息子の公立高校の発表が昨日の14日にありました。やったぁー!cherryblossom 桜咲きましたsign03

私の方にはたくさんの良きお知らせの”サイン”が届けられていましたから発表までの期間は穏やかに過ごしていたのですが・・・

それでも、やっぱり、当日になると落ち着かないものですね。この目で確認しないと心からホッとしないものですcoldsweats01

発表を見た帰りの車の中で天に「ありがとうございました!」ってお礼を言ったら、後部座席の息子が、「僕の力じゃないみたいだね・・・」ってボソッって言うの。

あぁ~可愛い息子。まだまだ子どもちゃんですconfident ”人事を尽くして天命を待つ”ってこといつもお話ししているのにね。

息子には愛情たっぷりの言葉で、どれだけあなたが頑張ったかを褒めちぎったお母さんですsweat01

(おまけ)

130227_081905_3

息子の試験の2週間ほど前にこの本を読み始めました。

そしてその内容からピンsign01と来て、試験1週間前から私が ”オリジナルアファメーション” を作り毎日読ませることにしました。

自分でもその言葉の内容に惚れ惚れしてしまいますsmile

私は一切強制はしませんが本人は一日に何度も読んでいました。気持ちが落ち着くのだと思います。

当日まで穏やかに過ごし、試験前夜はコロッと眠りにつき、自信に満ちて試験に向かうことが出来たようです。

アファメーションは素晴らしいと思います!

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

高校入試

Bg_2

昨日の夕方の海方面に浮かぶ雲です。夕日に照らされてとても素敵でしたsign01

今日は公立高校の試験日です。朝からお弁当を作り、山を下って高校まで送り・・・ 所用を済まして山に戻りアンジーcapricornusの世話をして、休む暇なくまたお迎え・・・ 

晩ご飯が終わったら、どっと疲れが出てきました。私もどこかで緊張していたんですねsweat01

でも本人には明日の面接がまだ残っています。

私はゆっくりできると思っていたら 「お母さん、面接の練習して!」って言われて

子どもが吉本興業のお笑い喜劇のように
ガラガラ・・・ 失礼します。ガラガラ・・・ 「受験番号○○番・・・・  ○○です。」ってやるので大笑い!

でも本人は大まじめなのでこれ以上笑えない。一生懸命真面目な顔にリセットしてお付き合いさせて頂きましたcoldsweats01

息子よ後ちょっとだから頑張ってsign01

天の神様。どの子もどの子もいい結果が出ますようにお願い致しますsign03

(おまけ)

Bg_3

今日はたくさんお留守番。やっとお昼にスキンシップタイムね。confident

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

風邪予防

Bg

一週間前、息子が通う中学校で中3受験生の親のために進路説明会がありました。

最後にクラスの副担の女性の先生が

「どうか子ども達がインフルエンザにはかからないようにしてくださーい!お願いしまーすsign01」 と何度も言われました。

私は1か月前から鼻うがいをしています。口からうがいをしても外からの菌を流すことはできないことがわかり、息子には副担の先生の話を聞いてから鼻うがいをさせることにしました。

この冬を乗り越えるために息子の今の風邪予防としては

①朝、大きい梅干しを1個食べている(自分からしている)。(←アルカリ食品)

②鼻うがい。

③グリーンスムージー(←身体がアルカリになります)は嫌がらずに飲みます。

④梅肉エキス

⑤時々発酵玄米ご飯を食べさせる

無理やりさせているわけではありません!中3ですから無理やりはできませんから。健康に関することは結構私のこと信頼してくれています。

後は睡眠やメンタルの部分です。私のできることは、あの子がいつも穏やかな素直な心で過ごせるようにすること。そして大切にされていると感じる関係性でいることでしょうか?

初めての「受験生の母」体験になります。気楽にやりますconfident

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

ほうき作り

昨日は午後から隣の小学校に行って子どもたちと「ほうき作り」をしてきましたsign01

一週間前に先生から電話があって「自然のものを使って何か手作りの授業をしてもらえませんか?」というお話しがあったからです。

息子が6年生の時にススキの穂で先生や子どもたちと「ススキのフクロウ」を作ったことがあったからだと思います。

Photo_5

さぁ出掛けよう!としていた時の先生からの電話でしたが、意外とそういう時間の無い時の方が閃きやいい案を思いついたりするものです。

50分の授業時間内に仕上がるのも。低学年の子どもでも作れるもの。どの子にとっても使えるもの。ということで「ススキのほうき」は一番良かった。材料もストックしてあったから。

Photo 2年前に作った暖炉掃除用ほうき。

以前に柄のついたほうきを作ったことはありましたが、ちょうど図書館で借りていた本で参考になるものがあり、子どもが作りやすいようにアレンジして・・・

子どもたちと作ったほうきはこれsign01

Photo_2 最終サンプルです。

途中で切れることのない麻ひもで、先にゴム通しを針代わりにザクザクと同じパターンで編みました。出来るだけ簡単にしないとね。嫌になるでしょ?子どもたちが。

Photo_4

紐を処理するのに中に入れないでヒノキの実をつけてみました。

最終仕上げにススキの穂の先を「ほうきを散髪してあげよう!」って言ってザクザク切ってもらいました。きっとこの作業が面白かったと思う。

先を5cm強ほどざっくり切ると細かい枝が落ちにくくなり使えるほうきになりました。2年前にたくさん採っておいたススキの穂(種が飛んだ)が生かされました。

子どもたちの様子や子どもたちの作品は撮り忘れsweat01 そんな時間も無かったけど・・・・confident

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

子どもたちのために!

先日こちらでお知らせした

「マザーハウスの渋谷律子さんの講演」は来週です!

http://ehyougen.eshizuoka.jp/

...........................................................................................................................................................

新たに講演会のお知らせですsign01

”チェルノブイリのかけはし”の野呂美加さんのお話し会

「今、子どもたちを守るために知っておきたい放射能のこと」

~ベルラーシの子どもたちが伝える低線量被爆の姿~

チェルノブイリ原発事故による放射能汚染地域の子どもたちを保養させる里親運動を20年にわたり続けてこられた女性です。すでに福島の子どもたちをイタリアに保養に出す準備を始めていらっしゃいます。

今回の講演会は友人仲間が企画しています。参加費は経費を除くすべてを、イタリアへの保養の資金として寄付されます。

【日  時】 8月12日(金) 14:00~16:00 (13:30開場)

【会  場】 藤枝市生涯学習センター(ホール) 静岡県藤枝市茶町1丁目5-5

【参加費】 1,000円

【定   員】 300人 

【主   催】 NPO法人 JOYヒーリングの会 静岡会場(代表 山田美佐子)

【申し込み先】 090-6585-8442(山田)

【メール】 isis1957@hotmail.co.jp (西山)

Title_201003_01_680

野呂美加さんのプロフィール

「22年前に起こったチェルノブイリ原発事故被災児童を1ヶ月間、空気や水のきれいな日本で保養させる活動を1992年から知人と始める。これまでに招待した子どもは19年間で648人!福島第一原発事故発生以来、福島の子どもたちの救援活動や全国各地で主にお母さんたちにお話し会を開催している。」

チェルノブイリのかけはし http://www.kakehashi.or.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

マザーハウスの孤児支援

私が所属しているE表現研究所の市民講座のお知らせをします!

マザーテレサによって設立された「マザーハウス」にて

20年間恵まれない孤児の支援活動を続けていらっしゃる渋谷律子さんが

一時帰国されています。

日本においても大震災により多くの孤児遺児が出来てしまいました。

渋谷さんをお迎えしてインドの活動のお話を伺いながら、

私たちが今できることを一緒に考える講座です。

興味のある方は是非ご参加ください。

チラシが必要な方はコメントにてご連絡をお願いします。

Mother_sonosekai1

『マザーハウスの孤児支援』

日  時 : 2011年7月20日(水)13時~14時半

場  所 : 城東保健福祉センター3F

講  師 : 渋谷 律子氏 (インド在住、現在一時帰。20年前単身インドに渡り、

       マザーテレサの教えのもと障害をもった孤児支援の活動を続けている)

参加費 :  1000円(インドの高級紅茶&お菓子付き)

主  催 : E表現研究所 

          (子育て支援・母親支援をしながら、自己実現を目指す市民団体です)

詳しい案内はこちらから! → http://book.geocities.jp/ehyougen/index.html

7月6日の静岡新聞朝刊にも載りました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧