山の恵み

きゃらぶき

今年は春先に雨が多くて、それに毎日夏のような暑さsweat02 草の成長が早くて、少々うんざりしております・・・

2015_0513_121608p1230029 アンジーはいいねsweat01

蕗も「みるい」うちに採ることにしました。

「みるい」とは静岡の方言で若い、柔らかい、未熟なという意味です。

味の濃い「きゃらぶき」をお茶づけで食べると美味しい!どんなに忙しくてもそれは作りたいsign01

2015_0518_081300p1230195

いつもは捨てていた葉っぱだけど今年は「みるい」からきれいで美味しそう。

2015_0520_095106p1230256

今年は初めて「蕗の葉っぱの佃煮」も作ることにした。

苦みが取れるまで何度かサッと茹でるの繰り返し。醤油とみりんと昆布と唐辛子で煮たら、こんな風に出来上がりました!

2015_0521_215303p1230273_2

初めて作った葉っぱの佃煮ですが、思った以上に食べやすくて美味しくできました。

2015_0522_085741p1230275 2015_0522_092343p1230276

きゃらぶきは灰汁抜きしないで、醤油とお酒で煮るだけです。仕上げにだし醤油を使います。

2015_0523_090725p1230305_2

はい出来上がり!

これからは桑の実がスタンバイしていますsweat01 忙しいですsmile

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

山の恵み

昨年、らっきょの球根を頂いたから植えておいただけなんです。ほったらかしcoldsweats01 

春になったら元気になって小粒だけど実りました。少しだけどせっかくだから甘酢らっきょを漬けてみました。

140529_135559140529_135606_2

たくさんに見えるね。このうち少しだけ畑に戻しておきました。らっきょって球根だから毎年実るみたいだから!

Bg まぁいける!

蕗もニョキニョキ生えてるけど、忙しくてなかなか手が回らない・・・

Bg_2

醤油とお酒で作ります。お茶漬けに美味しい!

Bg_yomogimoti

また飽きずに作った草もち。今年はヨモギに凝っているかな。

Photo Photo_2 Photo_3

HBさまさまです。クルクル回転してるのわかるでしょ?

ここで暮らしているから、やっぱりここで採れたものを生かしたい。どんなに忙しくても、そんな時間を持つことが私にとっては豊かなことだと思うからshine

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ヘビイチゴ

Bg_2014_0528_162015dscf9635

この写真をみたら思い出す。ベスコフの「ブルーベリーもりでのプッテのぼうけん」って絵本。

「プッテは、お母さんのお誕生日にプレゼントするために、ブルーベリーを摘みに出掛けました・・・・ 」

知ってる?

私はベスコフが大好きですsign03 ベスコフの世界が好きなんです!

いつかベスコフのような絵本を書きたいsign01って夢見ていますshine

子どもたちにはこんな素敵な絵本を読ませたいもの。息子もベスコフで育ちました!

これはイチゴでも「ヘビイチゴ」です。

ここでは春一番から晩秋の寒い時期まで実をつけています。

食べても死なないヘビイチゴですが、これはものすごい薬効成分があるんですってflair

でも5月6月のだけsweat01  わかったらすぐよdash

Bg_2014_0528_162217dscf9638 ヘビイチゴの世界~

小さい実だから素手で摘んでいるとね、アザミにチクッてやられちゃうsweat01

「ちょうだいね。アリガトウshine」って言いながら摘んでいるんだけどね。

Bg_2014_0528_162253dscf9639

摘んでいたらカラカラの沢蟹のミイラが隠れていてビックリ!

Bg_2014_0528_164607dscf9640

こーんなに採れました。まだまだこれから育ちます~

このヘビイチゴは発砲スチロールのように軽くて、まとめて触ると不思議な感覚。

Bg_2014_0528_184048dscf9645

無添加の35度の焼酎に1ヶ月漬けて、それから漉す。虫刺され、切り傷、火傷、腫れもの、フケ、かゆみ・・・ にいいらしい。

ここでのこんな暮らしが楽しくて。やっぱり私にはここが天国なのですshine

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

外せないこと

私はどちらかと言うといつも「自分で忙しくしてしまうタイプ」です。

というのは自分で何かを作ることが大好きだからです。それに作ること以外に本を読んだり、自分で学びたいという要求が強くて・・・ けっこう欲張りですねsweat01

とにかく「したい事がいっぱい!」あって一日24時間じゃ足りないのです!

ここに来てからは「暮らし=季節」は私にとってとても大切なこと。その時期を逃すと1年待たなければならないから~

山に来てからもっとしたいことが増えてしまいましたcoldsweats01

その「外せないこと」 それはこれ!

<きゃらぶき>

Bg

フキノトウが終わったらの野ぶきがニョキニョキ育ちます。

Bg_2

茹でて灰汁抜きをして。

Bg_3 出来上がり!

お醤油とお酒とお気に入りのだし醤油で数日かけて煮ます。ずっと煮るのではなくて台所に立った時についでに火にかける感じです。そして味を染み込ませいきます。

お茶漬けが好きだからこれが合うのです!

<桑の実ジャム>

Photo

これは摘みたて。粒が光っているのがいいの。

Bg_4

桑の実自体が虫みたいでしょ?細い軸をハサミで切りました。たくさんある時は大変です。

Bg_7 Bg_8

あまりに煮過ぎると実が堅くなるので要注意!さらっとし上げて、どちらかと言うとシロップタイプに仕上げる方がベストです。

Bg_13

桑の実ジャムは味が濃厚で、とっても美味しいの!我が家はみんな大好きです!

他にもね、今年は梅干しを漬けることにしました!

<梅干し作り>

Bg_9

でも1~2日ほど体調が悪くて樽を見てあげなかったらカビが生えちゃってcoldsweats02 ガックリdown 

焼酎で洗ったり、お天気の様子を見計らって微かな天日干し。余分な手間が掛かって何とか復活!

<ピクルス>

Bg_10

きゅうりをたくさん頂いたので~ ピクルス2種。

<漬けもの>

Bg_11 Bg_12

それにきゅうりのキュウチャン風お漬物を作りました!これもお茶づけの友です。

忙しくてもね、こんな時間があることも幸せの一つですconfident

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

手間をかける

今年は山の恵みも豊富です。

2011_

昨年は気づいたのが遅くて実が固くなっていましたが、今年は”みるい”山椒の実を夫がたくさん採って来てくれました!

小さくて、可愛くて、香りもいい!

すぐ下ごしらえが済むと思ったら大間違いでしたwobbly 

直径4mmの実に付いている細い軸を初めはチョキチョキと優雅にハサミで切っていたけど全然終わらない・・・ いったい何粒あるんだろう???

気持ちが飽きないように、集中できるように数えながらやってみるけど、1000個分数えていたら口がもつれてきちゃうsweat01 きっと6000個は有ったからsign01

その上、山椒の実の香りで頭がマヒしてくるーsweat01 こりゃたまらない!と思って扇風機で香りを飛ばしたり・・・

結局、合計4時間以上掛かってしまった。スゴイ忍耐力!

せっかく育った実を無駄にしたくないから。それにイライラして作るとその波動(想い)が入るから気をつけたよ。はぁ~ 

何とか灰汁抜きまで終えたらホ~ッとした。

Photo

これだけ手間を掛けたのに最後に焦がしてしまったらたまらない。

お酒が無くて、伊勢神宮のお神酒を使ったshine 奇跡の塩も入れて、プラス3種類のお醤油たち。きっと神々しい波動が入ったに違いないgood

Photo_3

静かに静かに煮詰めて出来たのがこれ!

今日はいの一番にオーナー宅に用事があったので届けてきました。お味はどうだったかなぁconfident

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

美味しい蕾

まずはお知らせ!

本日発行のフリーマガジン「すろーらいふ3月号」は藁科街道とその周辺の特集です!

ルナルナも載せていただきました(アンジーcapricornus も)。私の知り合いの「みねやま鍼療所」も載っています。良かったらご覧ください。藁科にもいろんなお店があったんですね。

私の気になったところ「木枯らしの森」と「酵素風呂」に行ってみたーい!

.................................................................................................................................................

昨日夕方から峰山方面は深い霧に包まれています。5m先が見えないの。ハイビームにしたら霧がライトに照らされて余計に前が見えません!

どこもかしこも潤って洗濯物も干せませんsweat01

Dscf0965_2

アンジーは霧の世界で「お外あきらめモード」でしたがやっぱり私と外に行きたい!って。 

仕方なく外に葉っぱ取りに出掛けたら、葉っぱなんて”取ってられません状態”になりましたnotes

何でって?

地面に草が生えてきたな~ってよく見たらeye あっちにもこっちにも”フキノトウ”があるあるsign03 昨日の大雨で一気にフキノトウが地面から顔を出したみたい!

それじゃって場内一周出掛けたら 「私ココにいるよ!」「私はこっち!」「私も取って!」ってにぎやかで・・・ 「ありがとう!頂戴ね」とお礼を言いながら可愛い蕾たちを摘んできましたconfident

Dscf0968 ほら!こんなに!

一気にこんなにたくさん取れたの初めてです!やっぱり天ぷら!それにフキ味噌を作らねば。大切に使うからね!

今年は寒さが厳しかった。節水生活も半端じゃなかったから自然がこんな形で労ってくれたみたいに感じるflair

ここには何にもないけどね、小さな喜びがいっぱいあるんですconfident

(おまけ)

Dscf0967

「お母さんがしつこく呼ぶから・・・ 仕方ないカメラ目線にするわ!」

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

未だにむかご採り

今日もお天気がよくて気持ちいい風が吹いています。昨日は一日お留守番だったアンジーを早めに外に出してあげて、外仕事しようと思ったけど・・・

えへへへ・・・ 採り残しの「むかご」が結構大きく育っていたことを思い出して、長い脚立を運び込んで、高い木の上のむかご採りに挑戦notes

Photo ほらね!大きいでしょgood

ユーカリチップが雨でグジョグジョになっている坂道に、脚立を立てるのはとっても不安定で怖いsweat01 むかごごときに大ケガしたなんて笑えないsweat02 

なんとか自分でバランスを取りつつも、やっぱり頼りになるガーディアンエンジェル!「どうか落ちることのないようにお守りください」って・・・ 

見てsign01すごいいっぱい!むかごの集団sign03  鼻血ブーになりそうでしょcoldsweats01

Photo_2

Photo_3

こんなに実ってるのは初めて見た!木は2メートル以上もあって脚立の最上に乗ったとして無理!

でもね、ちゃーんと傘を持っていましたから!それに一番高いところのむかごは、枝を引っ張って振り落としました(本当はそんなことすると、ほとんどのむかごはわからなくなるもの)

ユーカリチップがあるので大ちゃくしましたsweat01

あっちこっち飛び散ったむかごは「アンジーに気づかれないうちに超スピード作業」もしくは、「必死になっている波動を出さないように”とぼけて”拾う」のどちらかですconfident

脚立に登って倒れないようにバランスを考えて、傘なんか広げてむかごを採る・・・ サーカス状態です。

こういう危険なことをしてむかごや桑の実を採っていると、シャーリー・マクレーンの「アウト・オン・ア・リム」をいつも思い出してしまいます。

タイトルの意味は、「果実(真理)を求めるのなら、危険をおかして木の先に登らなければならない」・・・

はははっ 大げさかしら?

いたって真剣ですconfident

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

おっぱいキノコ?

日曜のお昼はクリタケの炊き込みご飯。その夜はタマゴダケのバター醤油焼き。

ははは・・・ Rさんたら「Kちゃん、タマゴダケまた採ってきたから食べる?」って電話くれるんだもん。Rさん家はみんなの評判悪いからいらないんだってcoldsweats01 ほほほっsweat02

この頃雨やら霧やら曇り空が続いていたので、今日は夫が変なキノコを発見sign01

それがこれsign03

Photo_5 Photo_6

ポコポコと同じエリアにたくさん出ている。ちょっと生々しくて気持ち悪い気もするけど、形がおもしろい!

Photo_7

本で調べてもよくわからない・・・ きっと明日は成長して違う形になっているかも。

だから今日は”おっぱいキノコ”にしておきますflair 夫もホントだホントだ!と喜んでいましたbleah

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

秋の味覚

今年も山の知り合いから採れたての”クリタケ”を頂きました。こんなのもあるよ!って違う場所で採れたクリタケも見せてもらいましたが、

2010_1003_095554pic_3590_2

どうも我が家には見た目が綺麗なのをくださっているのがわかりましたconfident

日曜のお昼にさっそくクリタケの炊き込みごはんを作りました。歯ごたえのあるキノコです。

夫に伝えると「Nさんが持ってきたキノコは信じるんだー」とイヤミでなく言いましたが、そのとおりsign01 夫が採ってくるのは時々あやしい・・・ キノコは絶対イヤsign01

Photo

シソの実です。下のきよさわ里の駅で購入。

今年はシソの実の醤油漬けを作ってみました。以前知り合いに頂いたらプチプチ感とシソの香りがとっても美味しくて!

Photo_4

実は茎を摘まんでそぐように動かすとポロポロポロッと面白いぐらいきれいに取れます。その実を適当に水に付けて灰汁出しします。

Photo_3

水を切った実を醤油とだし醤油でサッと沸騰させるぐらいで火を消します。そのまま醤油に漬けてもいいとのこと。

「天ぷらにして口に入れて茎を引っ張りながら食べると旨いよ!」とHさん。へぇーそうなんだ・・・ 食べてみたい気がするdelicious

息子に味見してもらうと、ニヤッと笑い「まだ青いじゃん!」って生意気angry そのくせ「バカ旨!」と言いながらご飯2膳ペロリとたいらげました。

簡単にできるので、ご飯のお供にどうぞお作りください。私ももっとたくさん作り置きしたいnotes

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

むかご採り

今日は昨日より暑い!朝は21℃、昼は日影で28℃、日向に温度計を置くと34℃になっている・・・ 

こんなに暑くては外で作業はしていられない!という理由をつけて、朝からむかご採りをすることにした。

今年は山芋の蔓を意図的に残しておいたから収穫が超楽しみsign01

息子の壊れた傘にタッパ&ビニール袋を用意してアンジーcapricornusをお伴に出掛けた。

アンジーcapricornusったら黙々と無言で作業している私のことを何だか怪しんでいるみたい。だって私の顔を覗きこんだり、私の様子をチラチラ伺っている・・・

だってむかごは少しの振動でポロポロッって地面に落ちてしまうから、いつもみたいに大笑いしたり、アンジーに話しかけていられなーい。

だから傘は大活躍!!!広げて逆さまにもって、蔓を棒で叩いてあちこちに飛ぶ実をキャッチするわけですgood

口に入るものの収穫は真剣そのものsmile

桑の実を採るときも慎重に摘んでいたから、真剣なことをしている時は怪しい・・・って学習しているアンジーはとってもお利口wink

実は桑の実の時は甘くておいしい実を採っているってアンジーにばれちゃったので、とっても大変だったのです。

でもむかごは好きでないようで一安心confident

2010_0921_142640pic_3481

私の両手山盛りの量です。今晩はもちろん”むかごご飯sign01

(おまけ)

Photo

今朝、デッキに遊びにいらっしゃった「ニホンアカガエル」さんです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧