« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月

モリアオガエル

ルナルナの下の道路では一度お目にかかりましたが、
18日の金曜の夕方からモリアオガエルが一斉に鳴き出しましたsign01
夫が土曜の朝に「絶対にどこかに卵を産み付けているはずだよsweat02」って。
モリアオガエルは川もないルナルナの場内に、私たち夫婦を当てにしてsign02
そこら中に卵を産んでおくのです~
ほら!やっぱりflair
P1050796_2
受精卵を含んだ白い泡の塊の中で粘液をオスが足でまだかき混ぜている途中での撮影になりまして・・・
Bp1050797_2
横からもはこんな感じ。
Bp1050798_2
正面はこんな感じ。
ごめんねsweat01デリケートな時に。失礼しましたconfident

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

オオミズアオ

先日、お客様がお帰りになった後、トイレの電気を点検しておくことを忘れて、2日ほど付けたままになっていたところ・・・

げっsweat01 ”やっぱり~状態”wobblyになっておりました~~~

それはね、夜の明りに蛾や虫たちがトイレに大集合sign03していたわけなのです。
この頃は真夏のような暑さなので、蛾も早く登場しているような気がします。
そんなトイレの虫たちには優しく箒で
「早く出なさーい!外の方が明るいよー!ほらほらここに居たら死んじゃうよー!」
と言って無理やり外に出て行ってもらうのです。
むやみに殺したりは絶対しませんsign01
「蛾」はみんな嫌うけど、羽が上に閉じるか、横に開くか。
色が綺麗か、汚いか・・・
それだけではないかもしれないけど、ここに暮らしてからは、そんな「蛾」たちが気の毒に思うことがよーくあります。
今日はご紹介できないけど、蛾でも木の枝みたいな「ステックちゃん」って名付けたいチャーミングな蛾もいるので、また写真探してアップしますね。
男子トイレに最後までいたのはこの子↓
B6877be09d6bf4c838da3659c94ba229d オオミズアオ
前にも紹介しましたが、いつもいつも見ることができるとは限りません。
羽もまだ綺麗です。
Bbb5ef2e49db94bd5b1de0880c0b2af81_2
落ちないように指に一所懸命つかまっているでしょ?
B6877be09d6bf4c838da3659c94ba229d_2
体もふっくら毛皮のコートを着ているようで、触覚も葉っぱみたい。
この後、手のひらで体を震わせてエネルギーをためてから、エイッ!って飛び立つのです。
蛾たちも一生懸命生きているので、あまり嫌わないでねsign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

オトシブミ

何回もブログでは紹介してますが・・・

新緑が育ってくる頃、管理棟前の坂道にはコロコロ落ちているものがあるのです。
それを拾うのがとても嬉しいshine
それはこれsign03
Otosibumi1
Otosibumi2_2
ヒメクロオトシブミという小さい黒い虫が葉っぱに卵を産み付けて、卵を守るためにくるくる丁寧に巻いてこんな俵型のものを作るのです。
これ「揺籃ようらん」って言うんですって。
毎年見てても感動sign01虫たちは偉いな~と感心してしまうのですsign03
Photo_3
Photo_5
葉っぱの左右の違いがわかるでしょう?
Otosibumi_4
こんな風に仕上げる虫もいるのです。虫たちも個性があるのですcoldsweats01
車に引かれると台無しだから、拾っては枯葉のある斜面に投げるのです。
「オトシブミ」で検索すると、動画が出てきました。興味のある方はどうぞ!

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

春に生まれました

春になり暖かくなると虫たちが活動を始めますが、4月5月は「赤ちゃん虫たち」の姿が見られます。

虫の成長に特別詳しいわけではありませんがsweat01

冬を越した虫は成長しきった大きさですが、そのミニチュア版の小さな虫たちをこの時期は見ることができます。
その赤ちゃん虫たちのことをとてもかわいく思えるのですsign01
B カドマルエンマコガネ。
Photo ナナフシ。
身体の太さは1ミリほど。体長も2センチぐらい。すぐ潰れてしまいそうなぐらい繊細なからだ。
Photo_2 バッタ。
バッタの種類まではわかりませんが、体調1センチほどの小ささです。
カドマルエンマコガネは大きくなっても1.5倍ほどにしかならないので可愛いのですが
ナナフシとバッタは大きくなると触れませんcoldsweats02
自然の中では虫たちの存在や営みの様子を見ることは、とても心を潤してくれるのですheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ありがとうございました!

今頃ですがsweat01 GWはたくさんのお客様がご利用くださいまして、本当にありがとうございました。

オープン前は準備に追われwobbly 仕事始めがいきなりGWcoldsweats02

冬の5か月間は全く自分ペースの生活から、

超忙しいGWに突入しなくてはならない変化には、頭がついていかないこともありましたが、なんとかハードな時期を無事通過することが出来ました。

晴天のGWの後は雨が続き、体を休めるのにはちょうど良い恵の雨となりました。
アンジーは私が忙しいGWはかまってもらえないので、こんな顔して私に訴えていたのです。
「お母さん、私、超不満なのよsign01」って~
結構アンジーは怖いのです~
B_2 にらんでるcoldsweats02
いっぱいガマンをしていたアンジーのために霧の中、外に連れ出す毎日でした。
B
↑アンジーはどこ?
B_5
ちょっと素敵な写真が撮れたように思いますcoldsweats01
山の雨の後は、こんな霧の中でのキャンプも楽しんでいただけます。
(いつもそうなるとは限りませんが)良かったらどうぞ!
今季もどうぞよろしくお願いいたしますsign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »