« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

焚き火

お正月の2日から夫と毎日のようにドラム缶で焚き火をした。夫の冬休みの半分は焚き火でした

スカスカの薪や使えない枝たち。家の中に増え続ける必要のない書類。

それに見ることもない私の日記(ほとんど埋まっていない)などなど・・・ どうしてこんなものを大事に残していたの?って思うもの結構家の中にあるものです。

今だから捨てられる!ってもののありますからね!

燃える炎に私の必要のない感情も乗せて~

とにかく不必要なものはどんどん整理してスッキリさせて新しいエネルギーでこの2014年を通過していきたい

寒くても焚き火していると暖かくて、真っ赤な炎を見ているのもとても素敵なんですから!

でもね、とっても大切なものが「焦げて」しまったの

夫は息子のお迎えに行ったので私がバトンタッチ。ちょっと「ぼーっと」した隙に・・・

Bg

ヒント。この写真でご想像できるでしょうか?だから周りに木を転がしておいたのに・・・

Bg_2 これ!

バカアンジーのバカァーーーーーーーー

ぼーっとしていたその時にアンジーがドラム缶の真横で暖まってて 横腹がお餅みたいに焦げていて~~~

気づいた時は中心部分が真っ黒け

大声出して離れるように言っているのに、逆にビックリして動かない・・・

大火傷させちゃった~って悲しくて・・・ アンジーが可哀想で大泣きした

Bg_3

でもアンジーは焦げた臭いをかいているだけで・・・ もしかしたら?もしかしたら?って思ったら

Bg_4

中の毛はまだ白くて、全然火傷していなかったのです はぁ~良かった!

手で毛を擦ると焦げた毛がポロポロ落ちて、今は目立たなくなりました。

それしても横綱アンジーでしょ?あまりメタボって言わないで。ドングリのせいですから。

Bg_orikousannnisuwaru_2

| | コメント (4) | トラックバック (0)

水汲み その3

火曜日に水が汲みあがらなくてタンクの水も底溜まり近くなって 

ちょっとマズイよね~ 後何日お風呂にお湯が溜められるのかな・・・ そろそろ小学校に水をもらいに行こうか・・・

高校生の息子が「もうお風呂入れない?」って言った時の顔ったらマンガみたいに額に斜が掛かっちゃって

昨日の水曜日、再びポンプ小屋へ・・・

さすがに毎日は嫌だったようで、アンジー はとうとうついて来てくれない 

朝から天にお願いしたり、「宇宙にお願いノート」に書き込んだり、いつも私の背後にいらっしゃる透明人間にはサポートをお願いして出掛けたけど

やっぱり「×

諦めない!だって今日は汲むって決めたんだから

何度かトライした後、ピン!と来た

パイプの中の凍結している部分に水を接触させておいて、しばらく周りのクマ笹を切る作業をすることにした。

それが功を奏して下のタンクの減り具合を見ていたら10cmクリアーしたの

これはイケてる!って思ってスイッチ入れたまま急いで 山を登って上タンクを確認した。

Photo_2

タンクに近づいていくと聞こえてくる!水が落ちる音が 

わかる?嬉しくって嬉しくって私の内側がどんどん興奮していく。

急いで2m程の高さのタンクに登って蓋を開けたら水がジャバジャバ落ちていて、その様子を見てタンクの上で叫んだ。大声で「キャー」って。何度もね

叫ばずにはいられないんだから!山じゅうに聞こえるぐらい

Photo_3

しばらくこの水が落ちていく様子を見ていたくて。眺めていたら安心したのか、胸が一杯になって・・・

今度は子どもの様にわーわー大声で泣いた 泣きやんだのに、また泣けてきて。3、4回ぐらいは繰り返したかしら?誰も見てないから平気。

よだれまで出てくる泣き方って大人になってからは体験しないよね? 

冬の山生活は蛇口から水が出るのは当たり前ではないのです。

ここではこんなことで幸福を感じることができる。心が満ちて身体中で喜びを感じることができるのです。

それに私はいつもここでこんな風に思いっきり感情を開放しているのです

140122_160742

満タンになってるでしょ?満ちて満ちているでしょ?し・ば・ら・く・は安心。

私の心も超満タンです

もちろん私にピン!と来させてくれた存在たちには感謝!いつもありがとうです。

夜は家族3人お茶で乾杯!して喜び合いました

| | コメント (2) | トラックバック (0)

水汲み その2

水を汲みにポンプ小屋へ行って結果的に空振りでも、何か楽しいことや発見があるもの

先日はこんなことがありました!

パイプの中の水が凍結しないように、水を抜いた後の排水口から出た水が凍ってつららが出来ていました。

面白くてつららを取り除いたりパイプをのぞき込んだりして楽しんでいたら地面にも氷の柱が立っていた!

Bg_6

私がつららをつぶしたり地面にできた氷の柱を動かしちゃったから傾いていますけど、これは再現写真です こんな感じで氷が出来ていました。

Bg_7 こんなに大きい!

Bg_8 柄が出来ているのわかる?

Bg_9 眺めていたらピンときた

これ何に見える?私、急に嬉しくなって だって私には母子像に見えるから 

マリア様が赤ちゃん抱っこしているように見えませんか?

素敵!自然がマリア様を作ってくれたなんて!感激!

Bg_10 Photo

右は私の持っている母子像の一つ。

ね!マリア様が赤ちゃんの顔に頬ずりしているように見えるの私だけかしら~

いいわ~ 水が汲めなくっても~

マリア様の出現は愛のしるしですからね

本当にアホなおばさんです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水汲み その1

Bg

今年も恒例の冬山の水問題が発生していますが今のところ何とかクリアーしています。

といってもね、大変なんだから

今年はパイプの水が凍結しないように夫が毎日暗い山道を夜遅くにポンプ小屋まで行って機械を動かしてくれていた。疲れているのに頑張ってくれていたんだけど・・・

寒い日が続いた時、たった1日で凍結しちゃってね 参っちゃう~

そのうち機械まで動かなくなるから最悪よ 

先週からまたまた水が汲みあがらなくて・・・

日曜は夫が一日中ポンプ小屋の横で焚火をしてお湯を沸かしては地面の凍っているところにかけての繰り返し。

夕方やっと機械は動いたけどパイプの中が凍って水が通りませんから

町内のTさんが心配して夫に一日付き合ってくれました。Tさんいつもありがとう

平日は私が毎日トライするけどダメ!

がっかりするけど気持ちを入れ替えて、ついて来てくれたアンジーのためにお楽しみを探しながら帰るのです。

「アンジーの好きなの、あるかなぁ~?」って言いながら好きな葉っぱを探すのです。

アンジーはこの言葉が大好き!高枝切りバサミも大好きです!好きな高い木の葉を採ってもらえますからね。

Bg_2

ここはどんな場所かわかるかしら?気をつけないと滑り落ちていくような急斜面に降りてアンジーのためにウラジロを採ってあげて食べさせているのです。

可愛いあんよでしょ?

Bg_3 Bg_hennnakao_2

ほら見て!アンジーのブサイクな顔。

月曜からアンジー連れて幡住川のポンプ小屋まで20分掛けていく毎日です

づつく・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »