« 子どものように | トップページ | 脱ぎっぱなし »

花のあと

佐々木麗子さんの”「花のあと」を集めて”(木の実、種、がく、ドライフラワーで作る花飾り)って本が好きです。きっとここで暮らさなかったら手にしなかった本です。

ここにいると佐々木さんと同じで、自然の素材たちが愛おしくてたまらなくなるのです。

Bg_6

モミの木の実です。断面はこんな姿です。

Bg_7

横から見た姿。台風の時にたくさん落ちました。

Bg_9

山椒の種です。今年は青い実を摘まなくてほっておきました。種が飛び出してぶら下がっているのわかりますか?

Bg_10

これはイタドリの花が咲いて種が落ちた後です。こういう姿と色を見ているだけでも心が満ちていきます。

Bg_11

カラマツの枝です。台風で太い枝が折れました。この枝をまとめてリースにします。

Bg_12

カラマツの葉はこんな様子。松のように痛くありません。

Bg_13

色づいた落ち葉です。赤い色づいた葉は目立つのです。

Bg_15 Bg_17

雨に濡れた種です。右が花のあと種になってまん丸になっている状態です。

Bg_16

コンポストの横にホオズキが自生してたくさんの実がなりましたが、イノシシが荒らして汚れてしまったために、歯ブラシで洗って台所で乾かしています。

ここにいると子どものようになってしまうのわかるでしょ?

Bg_18

アンジーがルナルナに来てくれてから外での発見が多くなりました。アンジー、アリガトウ

|

« 子どものように | トップページ | 脱ぎっぱなし »

自然・植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 花のあと:

« 子どものように | トップページ | 脱ぎっぱなし »