« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

始まりと終り

今朝の東の空に龍の姿が見えました!足まであるのわかるかしら?

Fb

今日は特別の日です。あいにく私には何も感じることができませんが この日をずーっと楽しみに待っていました。

私の好きなドランヴァロ・メルキゼデクの言葉をここに引用します!

.........................................................................................................................................

2012年12月21日、

午後11時11分(メキシコ・チチェン イツァ )

古い男性性のサイクル(時代)が終わる。

その瞬間、地球と太陽と銀河系の中心が一直線上の並ぶのだ。 
再びそうなるのは25625年後となる。

地球のハート、太陽のハート、そして銀河のハートは生きている存在で、
霊的にはそれぞれが密接につながっているのを知っている。

誕生は必ず起こる。

2012年12月22日

2222

新しい女性性のサイクル(時代)が始まる。

そして新しい人類が誕生する。

マヤの預言だ。

地球の 変容の 窓が  今  開き始めている ...  

なんて素敵な時期に地球という星に生きているだろう!!!

.........................................................................................................................................

| | コメント (1) | トラックバック (0)

121212

今日は2012年12月12日です

昨夜友人から「メッセージ」の転送がありましたが、今日特別何も意識していませんでした。忘れてたし~

私にとっても身近なメッセージはこれ!

Bg_121212

炊事場の横辺りで発見 

初めに見つけたのが左の「EURO 1SENT」ユーロ1セント!

何でこんな山頂にユーロコインが落ちてるわけだ?お客さんが落とした?さもなくば宇宙人がわざと置いて行ったんか?

毎日歩いているのに見つけるのは今日なんだ~ 見つけるタイミングや日にちにも意味があると私は思うんだけどね

私の解釈としては(超適当です

1はONEでワンネス!その右に地球があってコインの周りに星があり、その星から地球に掛かるように斜線が6本。

「宇宙の聖なる光線(エネルギー)によって地球がワンネスに向かっています」って

宇宙や私の背後にいる透明人間が教えてくれたんじゃないかと思っています。

私がいつも遊びながら楽しんで見えない世界を信じてくれるから、宇宙がこういう形で見せてくれるんじゃないかしら?

その後見つけたプラスチックのクリスタルモドキの意味はわかりません。

誰か教えてくれますか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

親心?

Bg

少し前までこんな様子で落ち葉を楽しんでいたのにね・・・ 毎朝0℃です

ルナルナには今も雪が溶けずに残っているところがたくさんあります。

毎年のことですが、もうアンジーの食べる草がほとんどありません。お外に出ても、つまらなさそうにしています

Bg_2

そこで 今年は脚立を持ち出してアンジーの好きな葉っぱを採ることにしています。うっかり足を滑らせて落っこちないように気をつけています!

Bg_3

ほら、アンジーったら期待して待っている。私もなかなかワイルドでしょ?

でもね、落とした枝をアンジーが食べやすいように集めようとした途端、頭突きの攻撃をしてくるんですから バカッ

今日は風もなく太陽も照って日向は暖かい。私が横断側溝のお掃除をしていたら暢気ちゃんは食べるものが無いから日向ぼっこ。

寂しそうに見えたから私も横に座って休憩!

Bg_fb

頭の中のかさぶた周りを掻いてあげたり、よしよししていたら・・・ お膝でおネンネしてしまいました

憎たらしい時もあるけどね。やっぱり我が子なのです。赤ちゃんの時から一緒ですから!寝息をスースー 言わせちゃって・・・ あまりにも可愛くてウルウルしてしまいます。

こんなへんちくりんな山羊見たことありますか~?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

積雪

ここ数年の季節は変化が激しいとわかっていても、急な積雪にはやっぱり参ります~ 昨夜からパラパラ降ってはいましたが積もるような降り方ではありませんでした

朝起きたら真っ白け

Bg

砂利の上はこんな積もり方。こんなおせんべいあったね?

Bg_2 アンジーどこかわかる?

太陽が照って来てもなかなか気温が上がらず・・・ マイナス3℃の中、アンジーを連れて出ました。アンジーに草や葉っぱを食べさせるためです。

Fb_121210 これはどこにいるかわかるね?

Fb オシッコ中です。ごめんね。

Bg_3 チョコンと隣に待っている。

食べるものが無いから私にくっ付いているの。私が高い木の葉を取ってくれるから私の行動をよ~く見ている!

Bg_tumorikata

これは小さい松の苗に雪が積もった。まん丸でかわいいね。

Bg_4

これは雪の中からオオバコの枯れた穂がニョキニョキ出ている様子。

午後からは残りの凍結防止作業を寒い外で3時間もやっていたら寒くて疲れました~
もう寝ます

| | コメント (2) | トラックバック (0)

手作り教室

昨日は隣の峰山小学校に「自然の素材」を使っての「手作り教室」をしてきました。

Bg_6 Bg_7

松ぼっくりにワイヤーを付けたり、クリスマスらしくリボンにベルを付けたり。

今年は低学年だけということで、手作業が大変なことにならないよう、時間内で終われるように考えました。

蔓は巻けるかとも思いましたが、巻き具合や大きさの兼ね合いもあるので土台も作って行くことにしました。

本当はね、準備の段階から子どもたちと一緒に山の中で素材を探しに行ったり・・・ そういうことから本当はしたいのです。

作業を始める前に、山の中の自然素材の話をしたり、そんな素材で作ったものを子どもたちに見せていたら

トウモロコシの皮で作ったカゴに子どもたちが「へぇ~!」ってとても感心している様子が印象的。よく食べる身近なものはピン!ときたみたい。

「K子さんとこ自分で作ったものがあっていいね」とか「K子さんは器用だから・・・」とか言われちゃって 吹き出しそうになりました!

Bg_3

今回は「こんなものを今日作りましょう!」と言うのではなく、「好きなように!好きな材料を好きなだけ!」 子どもたちに「自由」にしてもらうことにしました。

机の上にたくさんの自然の材料を並べて、学校もスパンコールや綿やモールを用意してくださって。

Bg_8 Bg_9

左:リースを釣る紐もモールを3色で三つ編みしたり・・・ 右:教室はこんな様子。女の子3人です。

Bg_10

はい、出来上がりました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ほくろ?

アンジーが向うで草を食べていた。で、私のところに来たのはいいんだけどね・・・

あら!

Bg_14 

「アンジー!ほっぺに付いているよ

Bg_13

「わかってるの?」

Bg_15

顔を見るたびにゲラゲラ笑ってしまった

Bg_4_2

「取ってあげようか?どうする?」

Bg_5_2

「ねぇ、まだ付いてますけど・・・」

Bg_6_2

「ぜんぜん落ちないね~」

Bg_7_2

私がずーっと大声でゲラゲラ笑っていたら、アンジーとっても不愉快な顔になりました

ごめんね、アンジー。だってほくろみたいなんだもん!

Bg_16

ほっぺについていたのはオナモミという植物の種でした。これが服に着くととっても痛いのです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自然素材で

Bg

今日の夕方です。太陽は向うの山に隠れてしまいましたが、遠くの雲には夕日が当たって雲がピンク色に染まりつつあります。

最近の自然素材で作ったもの紹介します。大したものではないのです

Bg_2

野菊の花の後が可愛くて・・・。決して綺麗でないかもしれないけど・・・

野菊の種類はルナルナにも何種類かありますが、春になって一番最初に新芽を出すのがこの野ギクやヨモギたちなのです。

Bg_3

それなのに花を咲かせるのは最後の方ですから!そんな理由から私はこの花のことを「ガンバリ屋さん」と思ってしまいます。

Bg_4

よく観察すると花から種へと変化している姿も可愛いものです。そんな姿が愛おしくて今年は初めてこの花の最後の姿をリースにしたくなりました!

Bg_5 Bg_2_2

左は若い種です。右は手で触ると飛んでしまうギリギリの状態です

Bg_6

これは木に張り付いていたモシャモシャの苔をそこらにあった蔓に巻きつけました。

Bg_7

山ではよく目にする名前のわからないこの苔?を巻き付けて見ました。幡住川からの帰り道、遊びながらこんなことしてみました。トナカイリースです

Bg_8

これは落ちていた杉の葉を差しただけの飾りです。これならアンジーに食べられません!

Bg_9

これは贈り物にするために作ってみました。初めてグルーガンというボンドを使いました。本当はボンドなんて使うのも好きではないんですけど・・・ 

Fb アップにしたらこんな感じ。

今度峰山小学校の低学年の子どもたちと「自然素材を使う手作り教室(3回目)」をするのでその試作を兼ねました。

もちろん子どもたちにはもっと簡単にするつもりです。

お金をかけなくても「大自然」が作って残してくれたものを使って楽しんでいます

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »