« エノコロ | トップページ | 空の帯 »

生き物たちと

Bg_9

アンジーとは時々こんな風にコミュニケーションを取っています。

子どもと話す時は自然に子どもの目線に合うように腰を屈める癖が身についているので、アンジーにもいつもそんな風に話しかけたいのですが、角があるのでとっても危険です

でもアンジーはちゃんと私の話を聞いているのです。

私は息子が0歳の時からたくさん話しかけたり説明したりしてきました。彼の本質が理解していると思うから。

息子にしてきたようにアンジーにも、そしてここに住んでいる小さな生き物にまでそんな風に接してしまいます。

隠れて私を見ていたら「気が狂ったおばさん」に見えるかもしれません

Bg_10 3日前にガマ子が戻っていました!

Bg_11 慌てて逃げようとしちゃって・・・

ガマ子との再会がこんなにも嬉しいなんて!胸がいっぱいになりました!

Bg_12 Bg_2_2

昨日はお留守だったけど、今日はパオの裾に挟まっていたんだよね~

Bg_13 この子も

Bg_14 この子も

いつも管理棟の周りに安心して居るのです。

Saru この写真でわかるかな?

私がモミの木の下で休憩&プチ瞑想をしていたら誰かが優しく呼ぶ声がしていました。ア~ア~って。まさか猿の声?

もちろん猿にも話しかけます 脅かさないように一定の距離を置いてね。

そのうち「ねぇ、お母さん」とか「こんにちは!K子さん」って、振り向いたらそこにはアンジーしかいない・・・ とかね!

生き物たちの言葉を理解できるような能力が欲しいと常々願っていますが~~~ アッシジの聖フランシスコのように・・・

まぁ無理だね

|

« エノコロ | トップページ | 空の帯 »

生き物たち」カテゴリの記事

コメント

 こんばんは!

 今日、久しぶりにルナルナ坂で生アンジーとルナルナさんをお見かけしました。

 ブログも素敵なお話が多く、また、今日も私達に手を振ってくださって、素敵な方と改めて嬉しくなりました。

 ブログは、ほとんど読ませていただいていたのですが、2~3か月前から私も主人もfacebookを始め、最近は、そちらに向かうことが多くなっています。
  
 ルナルナさんのブログのようにはいきませんが、facebookで峰山のことを投稿していこうと思っています。

  榊原純子

投稿: ロデム | 2012年10月 6日 (土) 22時33分

ガマ子帰ってきたのですね。
学校にいたころを思い出します。でも職員室の前の池の中に20匹くらいいたときは、不気味でした。
どうも私はガマは苦手でした。

投稿: 素足のおじさん | 2012年10月 7日 (日) 08時55分

ロデムさんへ
ロデムさんが誰なのか?想像もつきませんでしたが今日ビックリしました!
純子さんは髪が短くていらしたのでわかりにくかったのですが、ご主人のお顔でピンときました。
いつも夕方には下にお帰りになりますか?また峰山にいらっしゃる時は教えてください。お願いします!

投稿: ルナルナ | 2012年10月 7日 (日) 17時38分

素足のおじさんへ
ガマ子はパオに中の行列を作っているアリが目当てのようでした。
小さいし1匹なので可愛いと思えるのかもしれませんね。
大きいのは触れませんが、車で踏まないように
大きめの石が転がっている時は特に気をつけています。
以前なかなか道の端に逃げてくれないので
ガマガエルの前足両脇に棒きれ2本を入れて、道の端に連れていったことがあります。その時はとってもかわいく思えました

投稿: ルナルナ | 2012年10月 7日 (日) 17時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生き物たちと:

« エノコロ | トップページ | 空の帯 »