« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

メッセージやサイン

Bg_2

不思議な話続きですけど・・・

私たちって本当はスピリチュアルな存在ですが、こうして便利な世の中に生きているとその能力は全く活性化さなくて衰退してしまっているのが今の私たちだそうです。

私は不思議なことが大好きで、そのことを子どものように心から信じています

私は声が聞こえたり、見えないものが見えたり・・・ そんなことは全くありませんが、私なりに目に見えない存在たちの声や宇宙の声を聞き取ろうとアンテナを立てています。

簡単に言うと聞きと取るのではなくて、無邪気に楽しく喜びに満ちて子どものように「発見」したり「気づこう」としているだけです。

動物や植物や虫たちとは全く一方通行で話し掛けているだけですが、それを大いに楽しんでいます。

Bg_3

以前からシンクロニシティー(共時性)はよくありましたがこの頃は特によくあります。それは私にとって「OK!」のサインだったり悩んだり考えていたことの答えだったりするのです。

もちろん意味がすぐわかる時ばかりではありませんが、後からわかった方がいい時もあります。

私は怠けて助けてもらおうとは思っていません。自分で出来ることは「精一杯やる」というのがベースにあります。後は宇宙や私の背後にいる透明人間がいつも応援してくれるのを感じています。

その存在たちとのパイプが太くなればなるほどミラクル は連続して起こって行きます。

頭をシンプルにエゴは消しゴムで消して、子どものような無邪気な心を忘れないでいることがポイントのような気がします

そして自分に起こるすべての出来事(いいことも悪いことも)は、宇宙が私に気づかせようとしていたり、私の人生をアレンジしてくれていると思うようにしています。

Fb_2 この羽のポーズは飛ぶ前の準備デス。

たとえば

ドングリが1個だけポツンと落ちていても・・・  チョウチョが私の近くに飛んで来た時も・・・ 水を室内でこぼしてしまった時も・・・ けがや病気をした時も ふと目に止まった花も どんな出来事の中にも「メッセージやサイン」を誰かが伝えていると信じています。

急いでいるのに鈍い車が前に走っていたり、子どもが急にぐずったり(昔のこと)した時は時間の調節が入ったと思っています。事故に合わないようにとか・・・

難しく考えないで遊びのつもりでね。それが遊び以上のサポートになるのですから

でも「ミラクルが起こる」と言うのがお金や宝くじが当たるとか自分にとってだけ都合のいいことばかり望むのであれば・・・ それは叶うかな?

今日は朝からシンクロの連続で「あんたたち!私をからかってるの?出てらっしゃい!」と笑いたくなるほどでした。

ごめんね。やっぱりイカレタおばさんでした・・・ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アケボノソウ

Bg

この花素敵でしょ?

ここに暮らして5年目ですが初めて出会いました!胸がときめきました

場内には咲いていないの。幡多川の傍の林の中で見つけることができました。

全体の背丈は15センチぐらい。花は1.3センチほどの小さな花です。足元の花たちに気を止めなければ長靴で踏んでしまうほどの小さな存在です。

あまり長くこの花を見ているとアンジー がトコトコ来て、パクッ!とやられては困りますから、気づかれないように小さな声で花たちに話しかけて帰りました。

花の名前を2冊の山野草の本で調べても全くわからなくて、ネットで調べようと思っても根気が無くて・・・

この頃始めたface bookに写真を投稿したらロデムさんのご主人が教えてくださいました!

Bg_2 蕾もチャーミング。

「リンドウ科のアケボノソウ・曙草でした。

5枚の白い花びらは明け方の空。花びらにある斑点が夜明けの星。

明け方の星空が名前の由来です」って

私ビックリしたのです。今年の3月からずっと空に、星に、宇宙に、想いを馳せ続けていました。

また理解してもらえないかもしれませんけど・・・

2012年の12月21日を最後に宇宙の一つのサイクルが終り22日から新しいサイクルが始まるということです。1万3000年の宇宙のサイクルが終わるらしいのです。

地球上の先住民たちは大昔からそれを知っていました。地球外の知的生命体もそうです。世界の指導者たちも承知しているのです。(らしい・・・にしておくのが無難ですね

だから世界中が国レベルから個人レベルに至るまで「浄化の嵐」「古いシステムの崩壊」ではありませんか?

私たちは素敵な一大イベントの時を選んでこの地球に誕生しているんですって!

今は暗闇状態。でも夜明け前なのです。12月まで後少し。

このアケボノソウにこのタイミングで出会えたこと。そして花の名前の由来を教えて頂けたことは、私にとっては最高に素敵なメッセージ!プレゼントなのです

もうひとつ。次は理解してもらえる話です

二日目に幡住川に行った時は前よりたくさんのアケボノソウの花が咲いていて興奮してしまいました。

ひとつずつに挨拶しながら見ていたら、面白いこと発見しました!

それがこれ

Bg_3 アリさん何してる?

周りに咲いている花たちをいろいろ見ているとね。アリさんたちがたくさんいる。

Bg_4 

ジーっと見ていたらわかるよね?黄緑色の点のところで蜜を吸っているみたいで。よくよく見たらその部分が光っている。

私ったらアリさんに悪いと思ったけど、この小さな花びらなめて見たの その部分がやっぱり甘かった

やっぱり頭のイカレタおばさんでしょうか???

| | コメント (3) | トラックバック (0)

探検遠足

木曜の夜に子どもが「シャワーのお湯が出にくいよ!」と言うけれど全く信用しませんでした。次の日、子ども達が出掛た後、蛇口から一滴のお水も出なくなって・・・ まいったなぁ

歯も磨けない。顔も洗えない。トイレも流せない。お茶碗も洗えない・・・ まだ凍結の時期でもないのにね

その日は楽しみにしているヨガの日だったけど諦めて幡住川にあるポンプ小屋まで行くことにしました。

とにかく急いで いの一番に機械を動かす!上のタンクを満タンにするには約3時間もかかるから!

こんな山の中にずっといなければならないの

でもアンジーも一緒だから。本当にアンジーに感謝している。せっかくだから「ふたりの探検遠足」にしてしまおう

Bg_12

アンジーシアワセ。自由にどこでも行ける山羊です。

Bg_14

先日から私にメッセージを届けてくれたアケボノソウ。もう会えないと思っていたのに・・・ 会えてよかった!

Bg_5 ガと目が合った。

Bg_6 ミツマタの蕾。

Bg_7 ヒノキゴケ。

Bg_8 ハネヒツジゴケ。

Bg_9

こんなところに「ふたり」だけ。

Bg_10

上を見上げると木々たちが下を見下ろしている。

Bg_13 アンジーの足にひっつきむし。

121026_122855 川を渡って日向ぼっこ。

このすぐ傍にOさんのおばさんが住んでいるから会いに行きたかったけど、アンジーのリードを持っていなかったし、畑でアンジーが大暴れしても困るから諦めた。

Photo

今日はどうしてここに来ることになったのか?現実的な理由も確かにありますけど、ここに来て感じたのです。

もしかして山の神が私を呼んだんじゃないかと思って。このご神木の写真を撮り終わったらデジカメの電池が切れましたから

なかなかお参りにも来れないし、今秋の八柱神社の秋祭り(幡住川の傍にある)が中止になってしまった。

私たちはこの川から命の水をいつも頂いていますから。

太い木だから腕は回らないけど・・・ 

後ろからぎゅーっと抱きしめてきたのです。「いつもお守りくだってありがとうございます!」って真心を届けてきました

| | コメント (2) | トラックバック (0)

柿ケーキ

Fb_bg

昨日の朝、アンジーが気になってデッキに出て空を見上げたら、ほら!また素敵な虹です虹を見るだけでハッピーな気分になれるのはどんな人も同じでしょ?

話は変わって

ちょっとバタバタしていて出掛けることが多くなったりすると、やってしまう 今秋お初の柿を買って置いておいたらグチャグチャになるほど熟れちゃって

ここまで熟れすぎるとアンジーにもあげられない(たぶん喜ぶけどね)。それに畑の肥やしにするにはもったいないし・・・

そうだ!ジャムにしちゃえ!と思って手でちぎってグツグツ・・・ お砂糖をその時入れたかは覚えていない・・・ 煮てから皮や種を取りだすという大雑把な私。

昨夜甘いものが食べたいという夫のために

Photo

Photo_2

Photo_3

Photo_4 本当はもっと色が黒かった。

適当いい加減レシピの柿のケーキが出来ました もちろん基本のレシピはあるのですけど、いつも自分流で変えてしまう。だから同じものは2度とできない・・・

それがとっても美味しかったの

昨夜作って今朝もう半分しかありません

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不思議な話

Bg_2

夕方アンジーに催促されて夕方見晴らし丘に行ったら、短いけれど綺麗な虹を見つけました!後5分遅かったらお目にかかれなかった。ギリギリセーフ!

こういうものを見ることが出来るタイミングは全部天使の計らいだと私は信じてる!

この頃私の傍にいる透明人間がそこまでしてくれる?というぐらい私をサポートしてくれているのがわかるのです。強力な助っ人です。

昨日ね、ヒーリングアートを書かれるYさんという方のお話し会に参加してきました。

121023_091725

(これは私をイメージして書いて下さった絵です)

「あなたね、小さい時から周りの人達にあまり理解されなかったわね?」って。

んー?そうだったかなぁ?・・・

そう言えば「あんた中心に地球は回っていない!」ってよく怒られたっけ

私が興味があること好きなこと・・・ 両親からも兄からも浮いていたことがあったけど・・・結婚してからも「あなたたちのやっていることは、義母たちから見たらエイリアンよ!」って言われたこともあった

でも自分では全く気にならなかったけど~ 

私が中学生だった頃?に京阪電車の駅で電車を待っていた時、強烈に感じたことがあって

「どうして夢や想像では自分の顔や全体が見えるのに、今の自分の姿は手や足は見えるけど全体の姿は見えないの?なんで???」って真剣に思ったことがあってとても不思議だった。

「目の位置に2個の穴を開けたダンボールの箱を被って、その穴から外を覗きこんでいる」感覚が離れなくて・・・

親に聞いても友達に聞いても「そんなの不思議じゃないし、考えたこともない」って言われた 

へぇ~考えたこともないんだ・・・ 

でもね、今私の周りにいるヘンテコリンナ友人たちは私と同類項類は友を呼ぶって本当だね いつも安心の中で育んでもらっています。みんなエイリアンです!

だから私が「理解されてこなかった」ということ、昨日のYさんに言われるまで気づかなかった。

「理解されてこなかったこと」にあまり気にもしないままおばさんになったのかも。だってみんな私を助けてくれるし大事にしてもらってきた気がするから。今もそうです。

別に何かが聞こえるというわけではないけど、この頃少しわかる気がする。感じるの。だから生き物やアンジーと仲良くできるのかもしれない。

感謝するほどミラクルって増えるんですって!

Bg

こんな素敵な夕空に出会えるのも私にとっては奇跡です

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Wガマ子

どうしちゃったんだろう?と思うぐらいこの頃生き物たちとの繋がりが深くなっているように感じます。

ガマガエルの話ばかりでごめんね

土曜日お客様が来場されるまでにパオの換気に行ったわけ。直径6.9mのパオだから円周も長いのわかるでしょ?

Bg_3

大笑いしただって「一番最初」に裾を捲ったところにガマ子がいるんですから!

それでね、中に入ったらまた驚いた だってもう一匹同じ大きさのガマ子が居る!もしかしてお友達連れてきたの?

Bg_w_2

ツーショットを取りたくて1匹のガマ子をお友達のところに行くようにしたらデッキの上にオシッコしちゃった

Bg

「見つかったけど・・・どうする?」

Bg_2

「ほな、私は先に帰るわ!」っていったのかなぁ?

お客様が来られてもガマ子たちがここに居られるように、裾は少しだけ開けておいたり、結局夜も安心してWガマ子はパオにお泊りになったようです。

生き物たちにも気を使う管理人です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ねずみ

あまり見たくないかもしれないけど・・・ 

炊事場に干していた洗濯物を取りに行って気づいたの。これです。炊事場にテーブルとして置いてあるドラムの上にチョコンとねずみが横たわっている。

Bg

えっー 大声出して驚いた。

どうしてわざわざこんなところに乗って死んじゃっているわけ?  こんなに広いキャンプ場のなのに何でここに?  雨だったから? 草の中に横たわっている方が自然だけど・・・

んーー 考えてもわかりませーん !

キャンプ場のトイレにも時々灰色の小さなねずみが溺れて死んでいる。今年の夏も炊事場の地面にねずみが死んでいた。でもアリが餌にして群がっていたからそのままにしておきました。

今日のねずみは今にも動きそう。土に埋めてあげようと手のひらに乗せて「どうして死んじゃったの?痛かったね・・・ 」って 

話しかけて見ていたら涙が止まらなくなって ここは誰もいないから好きなだけ泣けるからいいでしょう?

耳の横に牙の食い込んだ後があって、片方の耳は少し欠けていた。

Bg_2

ほら、こんなに可愛い・・・ お腹を触ったらまだとっても柔らかくて。息が絶えたのはきっと今朝なのかもしれない。

今にも動き出しそうなねずみを土の中の埋めたくないのわかるでしょ?

小さな可愛いねずみさんをまだ手放したくなくて、結局私の着ていたベストの大きなポッケにハンカチに包んで大事に仕舞っておきました。

不思議だけど死んでいても何だか温かく感じるの。 

夕方になっても全然カチコチにならなくて・・・ でも仕方がない。お別れしなくちゃ。最後に小さな手と握手してバラの花一輪と一緒に土の中に埋めました。

帰ってきた夫に報告したら「菌とかいっぱいあるから気をつけないと・・・」って言うけどね、その前に愛おしくて何度も頬ずりしたり 今頃言われてもね。 

でも私そんなの全然気にならない。小さな命ですから

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハチドリ!?

Photo

私がこちらに来て5年目になりますが今年初めてお目に掛かった生き物です

実はね、始め見た時「小さな鳥!」って思ってしまって  だって鳥みたいな毛並みと可愛いい顔で・・・ もしかしてハチドリ?って。アホだね私

虫です。実はハチでもありません!オオスカシバっていう「ガ」の仲間だそうです。

Photo_2

細長いくちばし見えるかな?羽が透き通っていてとても早く動かすので、ほとんど見えません。蜜を吸うときも飛びながら吸うのです。

不思議です。写真を見ていると魚にも見えるでしょ?

Bg

羽が見えましたね。後ろ姿です!背中がカーブしていて頭から背中はまるで鳥のようなラインです。

下の写真に2頭飛んでいるのわかりますか?

Bg_2

どうしても写真に撮りたくて! 一度は飛んで行ってしまいましたが「お願いだから写真撮らして!」って大声出して

暫くするとお友達連れて戻って来てくれました アザミの花がたくさん咲いていたからここがよかったみたい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野鳥

Bg

これはタラの花です。春になったらタラの新芽を天ぷらにするでしょ?あのタラの木の花です。真っ白!

まだ蕾ですけど花が開いてもめしべやおしべが飛び出すぐらいの変化です。

Bg_2

今日はいつもは聞き慣れない鳥の声がどこからか聞こえるの ちょっと電子音のような優しい透き通った声が近くで聞こえる。

Photo

そのうちルナルナ入り口のゲートのポールの先端に野鳥が止まっていました!

この頃、野鳥が近くで姿を見せてくれることがよくありますが、この鳥さん、デッキの手すりのすぐそばにあるタラの花の紫の実を目当てに来ているのです。

図鑑で調べるとちょっとわかりにくかったのですが「カヤクグリ」と言う名前の鳥???のようで・・・卵は水色です!

場内を整備している時、時々綺麗な水色の卵が落ちていることがあるので、これだと思います。

Bg_3 これ雄です。たぶんね

つがいで仲良く行動していました。アンジー と私がいたからお腹一杯食べることができなかったみたい。ごめんね

(おまけ)

Photo_2

この方は炊事場で洗いものをしている「山羊の着ぐるみ」を着たおばさんではありません!横綱アンジーです

| | コメント (2) | トラックバック (0)

秋祭り

Bg

毎年10月14~15日にルナルナから5分ほど下った「子之神社」で秋祭りが行われます。

山ではいろいろな行事がありますが、この秋祭りは一番大切な行事で一番準備の掛かるものです。

前夜祭は夜の7時半ごろから拝殿が舞台となり、この地域で守り伝承されてきた清沢神楽が奉納されます。

お客様にはご馳走も振る舞われ、夜遅くまで神楽の演目が続き、いつも静かな山頂には神楽笛と太鼓の音色が響き渡ります。

きっと氏神様が喜ばれているに違いありません!いつもここの土地とここの住人を守ってくださっているのですからね。

私たちがみんなで力合わせて助け合って楽しみながら一つの行事を成し遂げることこそ、神の御心ではないでしょうか?

Fb

峰山の山頂には絵本に出てくるような古き良き時代のお祭りが今も残っているのです

今回は日曜が前夜祭の日に当たりましたが、平日の時は男衆は会社を休みます。休めない時はその家の誰かがお手伝いに行きます。

朝からお餅をついて神様にお供えする小さな団子を作ったり、山に竹を切りに行ったり、海まで行って海水を汲みに行ったり、しめ縄を綯ったり、お掃除してたり・・・ それはそれはたくさんのことを準備しなくてはなりません。

「当屋」は振る舞うお食事の準備やら・・・ そうとう大変です!私たちも10年後にこの秋祭りの当屋が回って来る予定です

次の日は神主さんがいらして湯立ての祭儀があり、その後はみんなでお食事をします。

私たちもすっかりこの地域に溶け込み、昔から居た様な感じで過ごさせてもらっています。皆さんに優しくしてもらっています!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

空の帯

121006_165329

昨日の夕方、夫にお留守番をお願いして用事で下に降りました。下りる途中でも空が気になって仕方が無い。

だって本当に空が素敵なんですから!でも運転しているので我慢しなくてはなりません

この空、羽鳥のホームセンターの上で撮りました。

121006_165353_2

空に何本もの帯のような雲があちこちに!

まるで龍が夕日に向かって泳いでいるみたいで、雲が龍のお腹やウロコのように見えて珍しい空の様子でした!

こんな素敵な空に気づいている人はいったいどれだけいるのだろう?

そう思って辺りを見回してもそんな人は見当たらない。暢気ちゃんは私だけ?

オイル交換をしてもらいに行ったお店の担当してくれた感じのいい女の子についつい雲の話をしてしまったら、その子も見たんですって!

あーよかった!

この頃首の後ろが凝っているのは空を見上げてばかりいるからかもしれません

(おまけ)

Bg ローラのまねをしているアンジー!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生き物たちと

Bg_9

アンジーとは時々こんな風にコミュニケーションを取っています。

子どもと話す時は自然に子どもの目線に合うように腰を屈める癖が身についているので、アンジーにもいつもそんな風に話しかけたいのですが、角があるのでとっても危険です

でもアンジーはちゃんと私の話を聞いているのです。

私は息子が0歳の時からたくさん話しかけたり説明したりしてきました。彼の本質が理解していると思うから。

息子にしてきたようにアンジーにも、そしてここに住んでいる小さな生き物にまでそんな風に接してしまいます。

隠れて私を見ていたら「気が狂ったおばさん」に見えるかもしれません

Bg_10 3日前にガマ子が戻っていました!

Bg_11 慌てて逃げようとしちゃって・・・

ガマ子との再会がこんなにも嬉しいなんて!胸がいっぱいになりました!

Bg_12 Bg_2_2

昨日はお留守だったけど、今日はパオの裾に挟まっていたんだよね~

Bg_13 この子も

Bg_14 この子も

いつも管理棟の周りに安心して居るのです。

Saru この写真でわかるかな?

私がモミの木の下で休憩&プチ瞑想をしていたら誰かが優しく呼ぶ声がしていました。ア~ア~って。まさか猿の声?

もちろん猿にも話しかけます 脅かさないように一定の距離を置いてね。

そのうち「ねぇ、お母さん」とか「こんにちは!K子さん」って、振り向いたらそこにはアンジーしかいない・・・ とかね!

生き物たちの言葉を理解できるような能力が欲しいと常々願っていますが~~~ アッシジの聖フランシスコのように・・・

まぁ無理だね

| | コメント (4) | トラックバック (0)

エノコロ

お天気も安定して毎日清々しい朝を迎えています!

朝早くから鳥たちのおしゃべりが賑やかです。抑揚があって可笑しいのです。何を話しているのか知りたいぐらいです!

洗濯物を干した後はキンエノコロ(ねこじゃらし)をついつい子どものように摘んでしまいます。

Bg 毎日ニョキニョキ育っています。

古くなったものは種が育ってしまうので新しいのが採り時です。エノコロにも種類があります。

Bg_3

何本かまとめて長さを揃えます。

Bg_2

蔓を用意して

Bg_5

紐でクルクル止めていくとリースの出来上がりです!

こうして草と遊ぶのが大好きです。

(おまけ)

強風で折れたカラマツの枝を山桜のこれも折れた枝に添えました。華やかなものではありませんが部屋の飾りにはちょうどいいのです。

Bg_7

Bg_8  枝も実も可愛くて!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台風のあと

Bg

台風が去った後の朝です。清々しい朝でした。

Bg_2

何事も無かったように静かで穏やかな空気が広がっています。昨日の暴風雨がウソのようです。

こうしてアンジーが自由に草を食べている姿を見ると、私の心まで平和が広がります。

これから暫くは折れた枝を拾ったり掃いたり「レレレのおばさん」をしなくてはなりません

Bg_4 朝日を浴びるとあしながおばさんです。

Bg_3 木も影だけどわかる?(デッキの上から)

Bg_4 アンジーにパンチ!頭突きの仕返し。

あまりにも気持ちのいい朝なので遊び心全開です 

Bg_7

今回はこんな風に夫とブルーシートを掛けました。

Bg

シートの片づけは一人ですることになります。「アンジー!この上でオシッコしないでよ

Bg_2

暢気ちゃんが座っています

Bg_3

これは管理棟の裏のところ。アンジーの部屋があるので雨が入らないようにするためです。

4年間と半年の苦い経験がいろいろ生かされています

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »