« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

子うさぎ

昨日の夕方、見晴らし丘に残っていた落ち葉の山を移動させる作業をしていたら、何かが動いた!

よくよく見ると、可愛い15cmほどの”子うさぎ”でした

前夜も軽トラのライトに照らされ逃げていくうさぎを見たばかりでしたが、きっと同じうさぎに違いありません。

小さな子うさぎの姿を見て”胸がキュン!”となりました。私の胸キュンは「母性が全開!」してその存在を愛しく思う気持ちです。

Photo

見て!耳がこんなに小さいの。

Photo_3

杉の幹に隠れて4m程の距離で写真を撮ることができました。

昨年の夏ごろ10cmに満たない赤ちゃんうさぎを場内で見たことがあります。冬の間は陽の当たる暖かいサイトを住処にしていた2匹のうさぎを何度か見かけました。

この頃ヘビも活動を始めているので食べられないように祈るばかりです。

見晴らし丘でうさぎを見たその日の夜、食材買い込みの為に山を降りましたが帰り道でなんと!うさぎを車で引きそうになって慌ててブレーキを踏みました!

真っ暗な夜道を車に向かって走って来るのですからビックリです 

その日は「うさぎ」がシンクロしましたがその意味はわかっているつもり。この頃私の中のテーマ、そして私に来るメッセージは「生命」(いのち)のような気がしているからです

(おまけ)

2012_0420_104307dscf3742

今日お天気が良かったのでパオの換気のために中に入ると、子どものガマちゃんが隠れていました。

捕まえると逃げようとするのに、安全なところに逃がしてやろうとすると逃げない 私は安心ってわかる?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

GWに向けて

昨日からコインシャワー内の壁を上から下まで脚立を入れ込んで拭き掃除を始めています。拭き掃除はやっぱり心が落ちつく・・・ 心まで洗われるような気持ちになります。

水拭きだけなのにスッキリ!キレイ になる感じがします。

物にも気持ち(意識)があるって思っているから、やっぱりそういう気持ちで掃除すると物や人の関係を越えて互いに嬉しい気持ちになると思いませんか?

それに今年もコインシャワーさんに頑張ってもらいたいからちょっとゴマをすっています

午後からすっかり雲が厚くなってきましたけど、 奥の水場が使えるように水道開通作業をしに行きました。

管理棟から一番遠い奥まで行ったら、やっぱり雨がポツポツ降って来て・・・ 雨は明日からじゃないの?

早く戻ろうか?思案したけど、雨が嫌いなアンジーが草を食べるのに夢中になっているから急かすのも可哀想で・・・ 

仕方ないから持っていた膝掛けをレインコート代わりにのせてあげた。

Photo アンジーおばさん。

B 何故か嫌がらない???

私がGWに向けて集中して仕事しているってわかるようで、雨の中アンジーも仕事をこなしているようです。

それにしても雨が多いですね。ちょっとウンザリ・・・ 昨日の見晴らし丘から見えた景色で気分転換

Photo_4

| | コメント (4) | トラックバック (0)

昨日のこと

雨が降り続きましたね。昨日はカミナリが鳴るということでしたけど穏やかな雨だったのでホッとしました。

郵便配達の方もびしょ濡れでメガネにもたくさんの水滴をつけて 「今日はもっとひどいかと思った・・・」って。どんなに空が荒れていても配達してくださる配達屋さんにはいつも頭が下がる思いです。

それに町と違ってここでは配達される方とついついおしゃべりすることも多いのです。会う時は「いつもありがとうございます。」と「気をつけてくださいね。」という言葉は欠かせられません。

Photo

昨日雨が上がった夕方5時です。見晴らし丘から雲海が見えました。

一日中外にも行けなかったアンジーを夕食の支度を始めなければならない時間に連れ出して、束の間のお楽しみの時間にしてあげました。

Photo_2 ほら!嬉しそうでしょ?

アンジー ったら私を一気に抜かしてリズミカルに走って行きました!だってその先にはススキの新芽のご馳走があるのを知っているからです。

草を食べさしている間に外仕事もしていたら1時間が過ぎてしまっていた 気づいたらもう6時!夫も子どももお腹を空かしていましたが、アンジーの為に我慢してくれています。アンジーは本当にシアワセ者です。

今日は空気も澄んで太陽の日差しも輝き気持ちのいい朝を迎えることができました!

GWの準備に向けて大忙しです

(おまけ)

B

| | コメント (2) | トラックバック (0)

上の空

またまた抽象的なことを話しますと、この1ヶ月もの間に私の中で「?」だったところのピースがスポッとハマるようなことがあって。

それは私の内側においては相当重要であったらしくて・・・ 私の中でOK!って喜んでいるのです。

だから毎日静かに興奮している状態が続いて・・・ 興奮というべきか感動というべきか至福ではないの。充実した満足感が常にあるのです。

そのことで、「宇宙」対して強烈な愛しい想いが芽生えて常に湧き上がり考えただけでジワッーと目頭が熱くなってしまうのです・・・

それでね、何が言いたかったかというと外仕事に行くときに見晴らし丘を歩きながら、空を仰ぎつつ私の想いを誠実に発信していたら

やっちゃった!!!!

蹴飛ばしちゃったんです 大きいアオダイショウを

B これを!

アオダイショウもびっくりした顔をしていましたけど私もすっごくビックリ まさかでしょ!アンジーにも「そこに居るから!」って大声出して

B_2

こういうことが「上の空」って言うんですね

何度も何度もこの蛇に謝りました。だってヘビが被害者ですから。こんな草も生えていないところに居た丸見えのヘビに気づかないなんて

でもね私にとってはそのヘビとの出会いにも意味があると思っている。ナイショッ。

Photo_3  B_3

身体でこんな形を見せてくれたからこれをサインだと受け取りたい・・・ いつかその意味がピン!来るかもしれないし来ないかもしれない。

こんな経験はやっぱり「ここならでは」でしょうか?お客様には決してして欲しくない体験です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一日の変化

昨日は一日中曇り空で朝から夕方のようでした。それに風も全く吹かなくて世界中の時間が止まったかもしれない・・・なんて思うぐらいの静寂に包まれたルナルナでした。

今日は朝から陽ざしが差して爽やかな一日が始まりましたが、昨日と打って変わって午後からは激しい変化になりました。

地球が一生懸命何かを伝えている・・・

今日のルナルナの一日をご紹介しますね。

Photo ホトゲノザ。

Photo_2 イタドリです。

Photo_3 小さい花たちが咲き始めました。

Photo_5 この空間に私が存在していると思うだけで心が満ちていきます。

Photo_6 午前中は暖かくて穏やか。

Photo_7 お母さんの邪魔をしています。

Photo_8 ヤシャブシの雌花穂です。

Photo_10 午後から激しい雷が鳴り響き・・・

Photo_11 アンジーは恐くて… ずっと傍にいてあげました。

Photo_20 音を立てて雹が降って来ました!

Photo_12 やっと雷が遠ざかり

Photo_21 晴れ間が見えました。素敵な空です!

B_4 キノコも知らないうちに育っていました。

B_3 霧が立ち込めてきて

Photo_22 太陽が怒りを現わしているように見えます。

Photo_23 西の空が焼けている・・・

Photo_24

一度管理棟に戻りましたが、太陽に呼ばれるかのように再び外に出てしまいました。こんな太陽を見ていたいと思うのは私だけでしょうか?

この頃一日に何回も太陽の様子を伺うように見てしまいます。ここに居ると風や太陽や空がとても気になるのです・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

霧の朝

0415

昨夜は山の小学校の歓送迎会がありました。町とは違って地域の大切な行事の一つです。

今年は子どもも6人になり先生方も増えました。常に廃校になってしまう可能性のある過疎地の山の小学校でしたが、どんどん活気づいていきそうです。

そんな訳で昨夜は楽しいお酒を頂いて眠りについたわけですが、6時過ぎにアンジーに起こされて急いで服を着替えて外に連れ出しました。

本当はまだ布団の中でゆっくりしたかったけど昨日は雨で退屈な想いをしたアンジーでしたから・・・

霧の朝は何とも幼想的で素敵なんです!誰かに会えるかもしれないでしょ?

0415_3

太陽が顔を出したいけど・・・

0415_4

新芽がやっと出てきました!

0415suiteki2

雨の水滴がまるでオーブの様に・・・

B0415miharas

右側が東。太陽の光で明るいでしょ?空気中にはミストが微かな風に乗って移動していくのが見えます。アンジーの毛がだんだん濡れていく・・・

0415_5

雲の巣もこんなに目立っている。

B0415_6

太陽は隠れたまま。

0415_6   

アンジーは満足?私はだんだん身体が冷えて、それに眠たくなってきちゃった 早く帰りたい

| | コメント (2) | トラックバック (0)

4年経過

Annjito

今日は風もなく暖かな晴天で気持ちよかったですね。私のリュックにはいつも温度計を入れていて日向の温度を計ったら37℃もありました!

私たちがこちらに暮らし始めてから丸4年が経ちました。

この頃4年前の自分のことを思い出します。何もわからなかったから来れたように思います。最初の1年はいろんなことでたーいへんでした 心労が重なって”消えてなくなりたい・・・”って思ったこともありました。

家族や友人がいつも支えてくれましたけど、私の母が電話で言ってくれた言葉は一生忘れられません。「私はいつもK子のフアンやで!」って。涙が出ました・・・

2年目からはアンジーが家族の一員になり雑務は増えましたけど心の潤いも増えました。

Photo 生まれたての山羊です。

左がアンジーです。アンジーの生まれた大畑牧場のYちゃんから写真をもらいました。

Photo_2 今はこうですから!

それからここの大自然に日々鍛えられ育まれてきたとも感じています。大したことではないかも知れないけど町にいたらしなかったよねぇ~ってことばかり。

草刈り機が使えるようになったとか、ショベルカーを動かせるようになったとか、一人でペンキを塗るとか、木を切ることも。雨の中ずぶ濡れになりながら外で作業したり。台風の最中パオにロープを掛けに行ったり・・・ 

脚立の最上段に登って作業したり、杭を打ったり、階段作り。藪の中に入り込んだり、川の渡りかたも教えてもらったり・・・

Photo_7 Photo_8

上の倍のブルーシートも畳むこともありました。左上のデッキの上に監視員がいます。

Photo_6  あくびしちゃっているし・・・

Photo_9 ロープのまとめ方はこれだけなんだけど・・・

なんでもやってみよう!って思えたことが良かったみたい。とっても勇ましくなりました

でもね、本当のところは周りのみんなが、誰かが、困ったり大変なことがあったらお助けマンとして登場 してくれて・・・ だから4年間も充実した日々を送らせてもらったのでした

| | コメント (6) | トラックバック (0)

春の嵐

このところ山の上では毎日のように一日中強風が吹き荒れています。そんなに毎日続くこともなかったように記憶していますが・・・ この頃は何だか荒れています。

ここでの毎日の刺激というのは、「自然の変化」ですから、この冬に降った雨の量に驚き、この頃の春の風にとても驚かされています。

夜中からゴーゴー唸り始め、昼間もザーザー波のように押し寄せ、大木を大揺れさせている強風には恐怖を感じます アンジーも風の音にビックリして私の方に飛んで来るぐらいですから!

今年は地球という生命体が次元上昇するためのエネルギーがピークに達するようですから、何が起きてもおかしくないらしい・・・ 私もホントに覚悟していますけど、明日の天気予報で「春の嵐」「台風並み」何て聞いたら、やっぱり~  怖~いってビビってしまいます

どうぞみなさん明日は気をつけてくださいね

(おまけ)

只今休憩中!アンジーの写真ばかりでゴメンね

0402 地面に身体を擦りつけている。

Photo 耳の中を掻いてあげている。

0401 狭いのに膝の前に座り込んでいる。

面白い山羊でしょ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »