« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

ズリズリ雪

雪が積もっているのかと思ったら・・・ 朝は溶けかけた牡丹雪のようなものが降っていたようです。すぐに雨にかわりました。

夫が出掛けるときに、「車の上の雪が面白いよ!」というので写真を取りに行きました。

Photo_2

車のフロントガラスにうっすら積もった雪がズリズリって滑り落ちたようです。まるで布地のようにシルエットを作っていました。

こんな様子を見るのは初めてです。キルト芯や濡れた綿に似ていますね。

Photo_3 真横から見たらこんな感じです。

大したことではないのですが、珍しい様子でしたから・・・ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山フジの蔓で

「アレもしなくちゃコレもしなくちゃ忙しい!忙しい!」なんて少し先のことに心煩わせるのを止めるように意識して、今の時間を大切に意識したら、少しの時間の中でまた蔓のカゴを編むことができました

これは山フジの蔓が地面を覆いつくしていて、足が引っ掛かるので取り除いた蔓でした。だから根っこがいっぱい生えていて使い物にならないと思っていたけど

そのモジャモジャの根っこを取り除いたらいい蔓に変身しました。それに太いのにとっても良くしなってくれるので、とても編みやすかったのです!

Photo

Photo_2 初めの芯の置き方を前と変えました。

Photo_3 底から見たらこんな感じ。

満足の出来栄えです 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

冬の間は

ポカポカ陽気が時々あることはとっても嬉しいことだけど、春が近づいてくると今まで後回しにしていた仕事が気になりだすんだから

場内の枯れ葉を片づけたり・・・ 枯れた草刈りもしていかないと・・・ たくさんたくさん仕事が待っているの

この寒い冬の間は少しだけのんびりだけど、どんなに寒くてもアンジーを外に連れて行ってあげたいから外仕事することになってしまいます。

普段できないテントサイトや使っていないサイトを整備し続けているのです。熊笹もまた手作業で切り出しました。握力が強くなったおかげで腕をついつい酷使しています

それからアンジーの葉っぱ採りやアンジーの好きな葉(木)を探しに隣の山やいつも入らない藪の中に潜り込んでいます。まるっきり獣のような女になっています

Photo_4

前も後ろもこんな熊笹が茂っているところに潜り込んで・・・

Photo_6

上を見上げるとこんな感じ。こんなところにしょっちゅう入り込んでいるとどうなると思いますか? へっへー 顔に擦り傷ができています

でもね、獣のように入り込むと面白くって

Photo_7  Photo_8

こんな太い蔓を見つけたり・・・

Photo_9 自然の生命力はすごいな~と思うのです。

冬にしかこんなところには入れない。ジバチやマムシがいない時しかね!

Photo_10 鳥の巣です!

Photo_11 もうボロボロでした。

この頃はあまりお目にかかれないけど小鳥たちが一生懸命作った巣を見つけた時は心が温かくなる。いったいどれぐらいの時間が掛かったんだろうね。

まだまだ寒くていいからね。お願いだからもう少しゆっくり春になろう。気ぜわしくなるんだから

Photo_12

ねぇ、アンジーはどう思う?

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

春の知らせ

毎日毎日何だかあっ!と言う間に時間が過ぎてしまいますね。

私は午後2時ごろになると「もう今日も終り・・・」「あーアレもコレもしなくちゃいけない・・・忙しい!忙しい!」というマトリックスにハマってしまいます これはマズイと真剣に考えています だってそれって”今を生きていない”ということでしょ?

でもね、今日は思いっきり!大声出して!子どものように無邪気になって大の字で何度も飛び上がって叫びました(バカだよね・・・)

そうです!「今」を生きた瞬間でした

201202231604000 理由はこれ!フキノトウです。

先日静岡新聞に「フキノトウ」の写真が載っていたけど、ここでは「まだだよねぇ~」って思っていたのに・・・ 雨が上がってアンジーをやっと外に連れて行ったら、ポコポコポコって黄緑色があちこちに見える!

フキノトウさんたちが「私たちここにいるよ!」って話しかけてくれたんじゃないかしら。

思わず、「えっー すっごい!すっごい!すごーーーーい」って何度も叫んじゃった。誰も見てないから恥ずかしくないの。アンジーがちょっとびっくりしてましたけど・・・

こうして思いがけずに春の知らせがやって来る。厳しい寒さの後のご褒美のようなものですからとても嬉しい。身体中で喜んだ

アンジーに気づかれないように、そそくさとハサミで切って土で汚れたままのフキノトウを急いでポッケに仕舞い込みました。

でもね・・・ 誰かがかじったようなものもあったの。きっとあの子の仕業です 初物いち早く味見していたなんて

Photo_3

あの子はこの子のことです

201202232137000 ほら、こんなに!

明日蕗味噌にするか?天ぷらにするか?考えます。また忙しくなります

| | コメント (2) | トラックバック (0)

私の相棒

今日はまた-5℃になったので夫が「地下水汲みあげるポンプ動かして来てくれない?また凍るから」って頼まれた。

太陽が照ってもなかなか気温が上がらない。午前10時になっても1℃か2℃。寒くて外に出たくないな~って思うときもあるんだから・・・ 

イヤイヤ行動するなんてロクなことがないから、「どうか神さま楽しく道中過ごせますように・・・」ってお願いしつつ心を入れ替えた

こんな時アンジーがいつも傍にいてくれるから本当に助かる。今日も長くお待たせした後の出発だったから、アンジーたら喜んで横跳びではしゃいで走ってついて来てくれた。

可愛いでしょ?私の相棒

Photo_6

下に降りたら崩れた斜面の土の上にたくさんの霜柱。ほら霜柱たちが小石をよいしょって持ち上げているのわかるかな?

Photo_7

棒に付いた霜柱。霜柱のブラシみたい。

Photo_8

アンジーは何をしているかわかりますか?「この葉っぱ食べたいけど届かない・・・」って見ているの。

Photo_9

「アンジーそれ食べたいの?」って聞いたら期待の顔になるのです。

Photo_10 

アンジーの鼻が膨らんでいる。葉っぱの匂いやケモノの匂いを感じています。

夫や息子より一緒に居る時間が長いアンジーと私はね、ちゃんと会話が成立しているのです。顔つきや行動やきっとテレパシーみたいなもので理解し合っているし、それに話掛けると「メェ~」とか「んんん~」って返事もしてくれる。

それに歩きながらずっこけたりするので笑わしてもくれるのです。

だからついつい寒くてもふたりでいると楽しいので何時間も外で過ごしてしまいます。

アンジーがいるからルナルナがキレイになります

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大豆の使いみち

家中のお水が出なくなると家事だけで体力が消耗するから、タンクが満タンになったら少しゆっくりしたいと思っていたけど・・・

蛇口からお水が出るようになったら「やろう!」と思っていたことがあって準備をしておいた。

麹を買って塩を混ぜて。大豆も前日から水に漬けて。そうです!お味噌作りに挑戦してみました

家に頂いた大豆がたくさんあったので畑に蒔いてみようか?豆腐を作ってみようか?と考えていたけど、やっぱり一度にドカッと消費できるお味噌作りが一番!それに以前から(独身のころから)作ってみたかった。

朝8時から始めたけどね、初めて作るのに大豆1.3キロ使った(仕上がり6キロ)から2台の圧力鍋で2回も大豆を焚かなくてはいけなくて、えらいこっちゃになりました

アンジーがいなければ一日中ゆっくり優雅に「味噌作りだけ~」ってことでもいいんだけど、そうはいかない可愛い子ちゃんが待っているからね

Photo

大豆を煮たら熱いうちに潰す。初めは小さい擦りこぎを使っていたけどめんどくさーい!大きいスプーンで潰れるじゃん!ずっと力を入れて潰すので汗が出てきました

Photo_2

麹なんて初めて買った。私は麹の甘酒が大好き。優しい甘い匂いはいい香り。この香りをかいでいると日本人はやっぱりお米を作らなくっちゃって思った。

Photo_3

潰した大豆に塩きり麹を手でクチャクチャと混ぜる。こういう手の感触を味わうことは大切だと思う。息子が家にいるときに作ればよかったかな・・・

Photo_4

こんな家庭用のボールを何個か使っての作業なので、余計時間が掛かりました。これをお団子にして丸めたものを樽に空気が入らないように押しながら詰めていきました。

Photo_5

写真ではわかりにくいかな。表面を平らにしてあります。この後ラップで空気を遮断し重しをのせて1年ほど熟成させるんですって!あ~~忘れてしまいそうだね お味噌の存在・・・

家事もまとめて終わったのがお昼の12時 アンジーをずっーと待たせちゃったからお昼ご飯なんて食べていられない。いも切干4枚急いで立ち食い。すぐにアンジーと外仕事に出掛けましたから

| | コメント (2) | トラックバック (0)

尊い水

先週から今日の雨を楽しみに待っていました!恵みの雨のお陰で今朝の8時やっと蛇口から水が出ました

実は先週の木曜から蛇口の水が止まって、またサバイバル生活が始まっておりました。

でももう4回目すっかり慣れました。食器を洗うのだって洗濯だって最小限の水とお湯でこなしますけど、その代わり時間が掛かるんだなぁ~

バケツに溜めておいた雨水は厚い氷になっているので使えなくて役立たずでした

Photo こんなに厚いんだから!

ご近所さんも水が枯れて大変な生活です。軽トラに大きいタンクを乗せて水を運んでいらっしゃいます。町では考えられないでしょ?

私たちは昨年のこの時期に比べれば今年は随分楽ちんです。それにこの時期思いっきり水の大切さを味わうことはとても大切なことだと思うから。

「体験」しないとわからないと思うよ。こうして雨が降ってくれるお陰で私たち人間は水を頂けるんですから・・・

それに日本海の大雪や311の東北の方のことを思えば、自分たちのことなんて大したことでないしね。世界を見たらこうして雨風凌げる家の中で眠れると思うだけでシアワセだと思うでしょ?

蛇口から水が出ても尊くて使えない・・・ 水が満タンに汲み上がるまではこれまで通りウルトラ節水生活続けます。

きっと明日は満タンになると思いますけど

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »