« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

ほうき作り

昨日は午後から隣の小学校に行って子どもたちと「ほうき作り」をしてきました

一週間前に先生から電話があって「自然のものを使って何か手作りの授業をしてもらえませんか?」というお話しがあったからです。

息子が6年生の時にススキの穂で先生や子どもたちと「ススキのフクロウ」を作ったことがあったからだと思います。

Photo_5

さぁ出掛けよう!としていた時の先生からの電話でしたが、意外とそういう時間の無い時の方が閃きやいい案を思いついたりするものです。

50分の授業時間内に仕上がるのも。低学年の子どもでも作れるもの。どの子にとっても使えるもの。ということで「ススキのほうき」は一番良かった。材料もストックしてあったから。

Photo 2年前に作った暖炉掃除用ほうき。

以前に柄のついたほうきを作ったことはありましたが、ちょうど図書館で借りていた本で参考になるものがあり、子どもが作りやすいようにアレンジして・・・

子どもたちと作ったほうきはこれ

Photo_2 最終サンプルです。

途中で切れることのない麻ひもで、先にゴム通しを針代わりにザクザクと同じパターンで編みました。出来るだけ簡単にしないとね。嫌になるでしょ?子どもたちが。

Photo_4

紐を処理するのに中に入れないでヒノキの実をつけてみました。

最終仕上げにススキの穂の先を「ほうきを散髪してあげよう!」って言ってザクザク切ってもらいました。きっとこの作業が面白かったと思う。

先を5cm強ほどざっくり切ると細かい枝が落ちにくくなり使えるほうきになりました。2年前にたくさん採っておいたススキの穂(種が飛んだ)が生かされました。

子どもたちの様子や子どもたちの作品は撮り忘れ そんな時間も無かったけど・・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

寒すぎるね

昨日の朝は水が止まったので、夕方(気温1℃)から水をチョロチョロと出しておきました。そうしたら、今朝はこんなことになっていました

こうなると水を一晩出しておいた方がいいのか?わからなくなりますね

Photo

雪で身動きできないのも困りますが、この寒さも時々は緩んで欲しい・・・

Photo_3

バケツの氷プリンです。

Photo_2

水を入れ替えようと思ってうっかりボールに張った氷を捨ててしまいました 氷だけどこんな時期はガラスの破片と同じ危険なものになってしまいます・・・

息子の次は夫が体調を崩していて復活したかと思いきや、帰って来たら40度近い高熱が出ていました

大人は無理をどうしてもしてしまいますから。無理は「理が無いこと」です。やっぱり風邪はひき始めが肝心ですね。

この時期は身体をアルカリ性に保つこと。疲れ過ぎないこと。食べすぎないこと。睡眠を十分取ること。怒ったりイライラは身体に毒素を作ることになるので、アホになってゲラゲラ笑っているのが一番いいかもしれませんね。

看病続きです。アンジーも鼻を垂らしているので気をつけてあげなくてはなりません

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大成功のロールパン

2012_0126_

今朝の5時半の気温はマイナス5℃でした さすがにこの気温だと外の水道も止まってしまって朝の洗濯はお預けになってしまいました。

昼の気温も3℃です。「お願い~~風さん吹かないで~~」と思わずお願いしていました。

私の体調が戻ったら今度は息子がインフルエンザに掛かってしまい、さぁ~明日から学校に行ってくれるって思ったら三日間の学級閉鎖! 

8日間も息子とべったり過ごすことになりました。2回目の冬休みです。

実は12月からパン作りにトライしていて、天然酵母を自分で仕込んで育てたり、手間を掛けて中島デコさんのマクロビオティックのパンを焼いていたのですが

Photo_3 Photo_4 Photo_5

うまく発酵しないし味が素朴すぎるのか・・・ 夫や息子には評判悪く・・・  当分パンは作らないでおこうと思っていたけど・・・

今日は学級閉鎖最後の日だから、息子が家に居る時に「パンの焼ける匂いを家中に満たして焼きたてのパンをおやつに食べさせたい」と思ってね。

天然酵母は一先ず諦めてドライイーストに助けてもらってロールパンに挑戦してみたの。

外から戻って来たらビックリ!こんなに上手く発酵するんだね、ドライイーストって。しばらくこれでパン作りを修行してから天然酵母を育ててみます・・・

Photo オーブンを覗くの楽しいね。

Photo_2 初めてのロールパン!

もちろん息子は大喜び!夫も美味しいと言っておりました。ヨカッタ!

本当はシナモンロールが作りたいんだぁ~ 私

(おまけ)

Photo_7

ロールパンというと思い出す。アンジーが小さい時にロールパンをちぎってあげたら、喉にひっついてしまったみたいで・・・ 

オヤジのように「カッーカッー」っていって喉鳴らしちゃって・・・ このまま窒息死してしまうのかと 私大反省しました。ヤギは本来乾燥したものがいいのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4回目の冬の仕事

昨日からまた寒くなりました。今朝は-2℃です。朝新しい水を入れたアンジー用の水もすぐに凍ってしまいます。もちろんオシッコも!ウンチも即冷凍状態です

Photo

バケツの雨水も全部凍ってしまいました!お昼になっても全く溶けませんから(日の当らないところにある)どんどん氷が厚くなるばかり・・・

Photo_2

モップを使おうと思っても、ほら!このとおり 使い物になりまへん・・・

冬の一番の仕事は凍結防止作業で水道管やトイレなどの水抜きなのですが、今回は水道屋さんのようにパイプを包むホルダーのような物をホームセンターで購入して、素人ながら気になる所を巻いておきました。

Photo_3

コインシャワーの湯沸かし器のパイプにぐるぐるっと。

Photo_4

昨年破裂した管理棟の外洗面所のパイプにも。他には管理棟の湯沸かし器。幡住川の横にある下のタンクの太いパイプにも。

金属でできているところはどんどん冷えが伝わっていくでしょ?全くの素人仕事でしたがこれがすごく”効果大 ” でね。とーっても助かっているのです

うっかり夜に水をチョロチョロ出し忘れても-2℃位なら朝スーッと水が出てくれる。下タンクのバルブも冷えると固くなるのに、巻いた後はクルクルってご機嫌がいいの!

ちょっとしたことがこんなに「違う」なんてどうして4年経たないとわからないの?Kちゃん???って言いたいぐらいだけど

毎年それなりにアレコレ前年の経験を生かしてやっていたんです。

それより、私が町に暮らしていたらこんな事をしていたかしら?って思うと、こういう暮らしもいいんじゃない?って思う!

人生は経験や体験を味わいに生きているんですって いろんなことを味わうためにみんな地球に降りてきてるんだから!

そうそう、今年はポンプの水汲み上げ具合がグーでね。今のところこの4回目の冬が一番快適な水の状態で過ごすことができております

(おまけ)

Photo_5

今日のアンジー。ねぇ、お口の横に草がついてるけど・・・わからない?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨を利用して 最後

冬になると場内には自然の素材があちこちに落ちているから思わず目につく。そうなるとアンジーの葉っぱ採りは後回し

Photo_8 Photo_9

奥サイトに枯れた大きなカラマツの木があって、枯れているのにまだ頑張って立っている。そのカラマツの枝が風の強い時に落ちているのです。

とっても味のある枝なので大切に拾ってくるけど、乾燥しているとポキポキと折れて台無しになってしまう

Photo_10 ほらかわいいでしょ!

先日の雨の後も落ちた枝がたくさんあった。でもね濡れているからうまくしなってくれる!

枝が乾燥してしまわないうちに、その夜急いでリースの土台に仕上げました!

Photo_11

可愛い枝だから無駄にしたくない。きっとカラマツさんも喜んでいると思います

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨を利用して つづき

昨年から362号線(山道)にピロロ~ンと一本の蔓がぶら下がっていて、ずーっと気になっていたの。

いつまでたっても無くならなくて・・・ 邪魔にはならないからねぇ~ だーれも採らない・・・ 私は採りたくて欲しくて・・・ そのうち私を待っているような気さえするんだから

もし強く引っ張って大きい枝が上から落ちてきたらたーいへん!って思ったけど、先日息子も居たので車に待たせて引っ張ってみた

よーし!OK!長い蔓をゲットできた!

せっかくいい蔓を手に入れたので、いつも練習練習って言っていないで、編まなきゃ

Photo_3

それだけじゃ足りないので、溜まった雨水に以前採ってあった同じ蔓も漬けておきました。

Photo_4

巻き始めは一番たいへん 夫も手も借りてスタートです。

Photo_5 2,3時間で仕上がった!

Photo_6 底はこんな感じ。

雨水に漬けておいても編み始めたらどんどん乾燥していくようで、強引に引っ張るとミシッ!とかいったり折れそうになるので、蔓のご機嫌を伺っての作業になりました。

ちょっと目が粗いけど自分で作ったものは愛しい・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨を利用して

先日の雨は ”恵みの雨” となりました。町でもきっとそうですね。

冬の水は特に貴重ですから、屋根から落ちる雪解けの水も雨水も、軒下にありったけのバケツやボールを並べて溜めるのです。

いつも静かな山ですがチンドン屋のような音が響きます。

Photo

私はちょっと面倒くさいこういう手間の掛かることや自然の理にかなっている事をするのが大好きです!

それに自然の力をうまく利用すると私がズボラ出来る

で、2年以上前 に柵を作ろうとして杭だけ打ってほったらかし・・・ 先日、急に柵を編みたくなってやり始めたら、木々が乾燥しているからポキポキ折れちゃって・・・

この間の雪と雨のお陰で木々たちが水分を含んでくれたのでここまで編むことができました!

2012 管理棟の裏の目隠しに。 

2012_5 互い違いに木を渡していくだけ。

場内にある増えすぎたヒノキの若い木々をこうして無駄なく使います。

下の写真はこちらに来てすぐに作った柵です。今はアイビーが絡まっていい感じです。ターシャー・チューダの庭にこういう柵があってそれを参考にしてみました

Photo_2

次へつづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪の後

晴れた雪の日もいいね。今日は雪の照り返しで日焼けしてしまった

Photo

スキー場にいる感じがしたの。昔を思い出したり・・・ こんな雪の中で洗濯干しです。アンジーはどこにいるかわかる?

Photo_2

呼んでも来ないし動かない 雪のいっぱいあるところ歩きたくないんだって・・・ この頃はっきりしているんだから

B_2

木から落ちた雪で地面の雪が溶けている。今日は木の下にいたら大変!雪がボタボタ落ちてくるからね。

Photo_3

ほら、昨日とは違う感じでしょ?

Photo_4 Photo_5

今日やっと見つけた!昨日は動物の足跡が無くて。これを見ると嬉しい。ルナルナで安心してお散歩しているんだって思うから

どこから上がってどこに行ったかわかるから面白い。

Photo_6

見晴らし丘から見える同じ町内の集落です。この風景も大好き!

雪を楽しんでいる場合じゃなかった 朝みんな滑りそうになったから早く雪かきしておかなくっちゃ

いつものことでないから忘れてしまっていた お昼のうちに太陽の力も借りて、大急ぎで男のように雪かきしました そうしないとまた夜になると道が凍る

病みあがりでも山ではこうですから・・・ 勇ましくなるのわかるでしょ?

1

これだけやっておけばいいでしょ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大雪の日の様子

すごく雪がいっぱい!

B_2012117_2 怖々雪の階段を降りている。

アンジーは「蹄のヒール」を履いているので大変です

B_2012117_3_3 少しずつ・・・

B_2012117_4 フェアリーにもこんなに積もっちゃって・・・

B_2012117_5 見晴らし丘に行く坂道。

B_2012117_6_2

振り返るとアンジーが一生懸命追いかけてくる。「お母さーん、おいてかないでぇー」って

B_2012117_7

ほら今年も絵本の世界 誰の足跡もまだ無いんだから!

B_2012117_8  ちょっと歩きにくそう・・・

B_2012117_10 オシッコしている。

こんなに雪があっても雪だるまは作ろうとは思わなけどね・・・

ただこの空間にいるだけで何だかウキウキしてくる。嬉しくって、何だか可笑しくって、子どもみたいに笑ってしまうの。わかる?

きっと心が子どもにかえっている!無邪気になっているの!自然の力はすごいね!魔法にかかったみたい!

大人になったら、そんなこと無くなるでしょ?意味無く可笑しさが込み上げてくるってこと!

私だけじゃないの。アンジーもニコニコ顔で嬉しそうに身体を左右に揺すって小走りしておっかけてくるんだから!

B_2012117_16_3 川根方面の山も真っ白け。

B_3 私の長靴もすっぽり雪に埋まる。

B_2012117_14_2 アンジーも(前足です)

B_2012117_15 奥のサイトも真っ白け。

B_2012117_11

散歩道もずっーと真っ白。杉の木がお辞儀してくれてる。こんにちはって!アンジーは気になるみたい。

B_2012117_17 元廃材置き場に着いたよ。この先左は畑。

B_2012117_12 畑の階段をゆっくり降りてみた。

B_2012117_13

もうダメかもしれないけど雪を取り除いてみた。野菜育つかな???

B_2012117_2_2

コインシャワーの裏まで来ました。はい、これで場内一周はおわりです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

真っ白だよ

昨日の夕方遅く夫の母から電話があって「今晩から雪が降るらしいよ」とのお知らせ。へぇ~ そうなんだ・・・  

そしたら夜の8時半ごろ気づいた。知らない間に積もっていた

120117_

今朝6時過ぎの様子。

120117 7時過ぎ。

積雪12cm。止むのかと思ったら今(8時半)も降っています。

120117_2

夫も子どもも少し早めに家を出ました。362号線は下の久能尾まで雪が積もってたようで、何とか無地に山を降りることが出来てよかった・・・

雨が降らなくて山の人たちは水で困っている状態です。ご近所のYさん家のお婆ちゃんに「我が家は今のところ水が汲めるのでよかったら来て下さいね」ってお話しした時、

「雨が降らないからね~。雪が降ってもすぐ水になるわけではないからね・・・」って。そうなんだよね・・・ 

でも雪でも降らないよりマシだから!一日も早く川の水が増えますように!天の神さまお願いしますね

| | コメント (2) | トラックバック (0)

病んでいても

Photo アンジーと私。

久々のブログです。

12月から張りきり過ぎて思いっきり忙しくしていたうえに、クリスマス頃から毎日0℃以下が続くので、ほとんど毎日ポンプの機械を動かしに幡住川まで通っていたら・・

相当くたびれちゃって。腰もイカレテしまいました。アンジーも5日目ぐらいから行くのがイヤだって!ついて来てくれないんだから

疲れがたまったまま新年を迎え、とうとう「やり過ぎ警報」が発令すっかり年明けから病んでしまい全くのとほほ・・・です

そんな状態でもね、子どもや動物がいるとゆっくり横にもなれないの。それに大人はどうしても無理してしまうでしょ? 

このところ午後から毎日発熱してしまうものだから、この一週間は晩御飯が済んだら一番にお風呂に入って一番に布団に潜り込むという生活でした。

今朝は「やっとこれで病みが明けたかも!」という感覚があり少しホッとしてます。やっぱり健康が一番ですね!

病んでいてもね大病しているわけではないので、やっぱりあれこれしてしまうのです。そういうのが良くないってわかっているんだけど・・・

Photo_2

枯れたススキに絡まっているアオツヅラフジの蔓で編んでみました。

Photo_3

カゴを作る前の練習です。中心近くの白っぽい蔓はよくしなる山芋の蔓が落ちていたので使ってみました。

Photo_5

周りの処理が難しくって・・・ クズの蔓でごまかすために巻いてみたら落ち着きました。

Photo_4

鍋敷きにでもなるかと思いましたが。一人分のお盆にもなりますね。

昨年から手仕事したい病です。これが病の一番の原因かもしれない

(おまけ)

Photo_6 Photo_7

本当は暖かい室内でゆっくりしていたくてもね、待っているの。このお嬢ちゃんが・・・ アンジーの幸せの時間は作ってあげないといけないと思うから・・・ お母さんはそういうものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »