« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

おっぱい

おっぱいが膨らんできて・・・ 私のじゃありませんから アンジー です気づいたらアンジーのおっぱいがゆさゆさ揺れるほどになって先っちょも腫れっぽいのです。

この前、客様に「アンジーはお乳出ますか?」って。「妊娠していないから出ませんよ」「腫れているから出るかもしれませんよ」って・・・ ギョッ!まさか!

すぐにもらった牧場に連絡したけど、そんなことはないとのこと。

一昨日アンジーの姉妹のシフォンのおっぱいがどうなっているのか見に行ったらアンジーみたいに腫れていない・・・ どうしてアンジーーだけ???

心配なので山羊の本に載っていた「相談できるところ」を探して電話してみた。とっても親切に相談にのってくださいました。

理由としてあげられるのは①偽妊娠かもしれない②ホルモンバランスが崩れてたまに腫れることがある③乳頭から細菌が入って乳腺炎になる

③の場合はおっぱいが熱をもっている。山羊も食欲が無くなって様子が違うのがすぐわかるとのこと・・・ 話の様子では②だと思うので、養分を抑えて下さいとのこと・・・

理由がわかった すごく反省している・・・ ゴメンねアンジー。

夜に夫と息子に報告したらね、二人とも同時に私を見て「お母さんがサツマイモやリンゴをあげるからだよ!」って叱られた。いえいえ玄米もあげてましたからー

あーーー 私のせいだったのね

今日からアンジーはハングリーです 私も心を鬼にしてアンジーのまなざしに負けないようにしています。病気になったら悲しい。とても大切な存在だから・・・

Photo_5

今日おっぱいをこっそり触ったら熱くなかったので一安心。早くペチャパイになりますように・・・

(おまけ)

Photo_6 こんなこともするんだよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

猿が来た

山の中で大きな騒がしい声が聞こえていたけどあまり気にしなかった。きっとカラスか他の鳥でしょって。

暫くすると近くの木がゆーさゆさ揺れてまた大きな声が聞こえたと思ったら、顔が見えた!猿です 

次の日、管理棟前の坂道を掃いていたら、アンジーが下の方を一生懸命覗き込んでいた。

近くでコン!コン!って物音がする。私も覗いてみると新しくなった東屋の屋根の上に猿がいる

片手には白い丸いものを持って何だか楽しそう。覗き込んで見ている私に気づいたみたい。目が合っちゃった

Photo_2 矢印のすぐ先にいるのわかる?

カメラを持って探偵のようにゆっくりと音を立てないように近くに行ったつもりだけど・・・ コインシャワーの建物の陰から覗き込んだ途端、また目が合って逃げられた

食べられない桃の実が、このところの雨のためにたくさん水分を吸収して大きく育っていた。それを食べに来ていたなんて全然しらなかった

Photo キレイに食べなさい

桃の木の下にはかじっては捨てた青い桃の実がいっぱい落ちていた。お行儀悪い!

アンジーが食べかけの実を顎が外れそうな顔して食べている 丸くて大きいからうまく噛めないの。

実を喉に詰めて窒息死しないかヒヤヒヤしたけど、無理に取ろうとすると頭突きされてしまうし・・・ でも上手に種だけ残して食べていた~

夫に「明日桃の実全部取ってしまうから手伝って」って言ったら

「あんた、意地悪だね」って まったく失礼しちゃう人!

Photo_3

カゴいっぱいありました。もぎ取るだけでも一苦労。かじったらやっぱり渋いけど・・・ 東屋の上にも食い散らかした後が

Photo_4 アンジーは実を一人占め!

桃の実はコンポストに入れました。お猿さんごめんね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山の蚊

今年は山だけでなく、町でも大量の雨が降っていてその量が半端じゃないね。

人間の意識が変わる時代に入っているから、こういう今までにない自然現象があちこちで起こっているらしい・・・

9月10月は気をつけた方がいいって聞いている。いえいえこれから数年は覚悟を決めた方がいいのかもしれない。どんなことが起きようとも・・・

Photo

昨日午後からの大量の雨で管理棟前のドア入り口前にあれよあれよという間に水がたまっていく 浸水するんじゃないかと焦ってジョレンをもって大雨の中飛び出してしまいました

でもよく考えると斜面に建っていっるから大丈夫だもんね。はははっ

こんな気候のせいだと思うけど・・・ 今年の蚊の量が本当にすごいのです。昨年はストックしておいた蚊取り線香を一つも使わなかったのに!

今年はすでに3箱使いきっちゃって、除虫菊の自然な安全な蚊取り線香をアンジーのために取り寄せました。

特に朝や夕方は大量の蚊がうようよいて、今朝、夫は出勤前の忙しい中、アンジーのために段ボールと新聞紙をいぶして煙を起こし、蚊が違うところに行くようにしてくれました。

山の蚊は町の蚊よりも大きくて(←お客様がビックリしていた)すぐ叩けるの。夜に家の中にいても耳元でブ~ンって来て刺されて夜中に起こされるってことが無いから不思議です。

山の蚊はのんびりタイプかもしれません

(おまけ)

Bg カメラを覗きこむアンジー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

笑えるアンジー

昨日はもう降るのかもう降るのか?と思いながらも晴れたり曇ったりで・・・ 

夕方アンジーを外に連れて行ったら途中で大雨が降りだしてビックリ 場内の奥まで行っていたので管理棟には戻れない 第3炊事場の屋根のあるところまでダッシュした

アンジーは雨が大っ嫌いなのに、不安定なお天気の中、ここまで連れて来たことに後悔したけど・・・ もう遅い。

Photo

可哀想に濡れちゃって。この顔笑える アンジーの「不愉快な気分」の顔なのです。

Photo_2 目が死んでるでしょ?

「アンジー???」って背中をとんとん叩いて呼んでも完全無視 ジーっとして全く動かない 「あなたの魂はいづこへ~~~~」

シャーリー・マクレーンの本にも書いてあったけど、雨の中では野生動物はトランス状態になるらしい・・ アンジーもそんな状態です。出来ればその方法を私にも伝授してもらいたいけどねー

Photo_3

雨が止んできたのがわかるんだね。やっと身体が動いていつもの顔に戻りました。カゴの中の草も狙い始めましたから。ほっ。

この頃のうっとおしいお天気続きで、毎年そんなに気にならない「蚊」が今年は大量にいるような気がします。アンジーの足やおっぱいが狙われています。

アンジーにとってこの頃不愉快なことばっかりだね

(おまけ)

Photo_6

口の下にひっつきむしが・・・ 

Photo_7

なぜか?足に長い毛が生えている。切ろうと思うけど面白いので今のところ残してあります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今咲いている山野草

今まで刈らないように気遣ってきた夏&初秋に咲く花たちがやっと咲き始めました!

Photo_5

ヤマホトトギス。時計草に似ていて葉っぱにシミがついているような模様があります。

Photo_7 Photo_8

タマアジサイ。葉っぱは大きいのに花は全体が5センチほど。蕾は玉のようにまん丸です。アンジーが花も葉っぱもパクッって食べてしまうので困ります。

Photo_9

キンミズヒキ。黄色い花がたくさん咲きます。

Photo_10

ヘクソカズラ。名前が変でしょ?私の持っている山野草の本にはこんな風に書いてあります!

「植物にはあまり感心しない名前もあるが、ヘクソカズラはその最たるものだ。漢字で書くと屁糞蔓で、おならとうんこをミックスした匂いのする草という意味である・・・」

Photo_12 Photo_8

実が潰れると本当に臭いんだから

でもね、この実が茶色に変わるとアンティークぽい味わいのある蔓素材になります!アンジーに内緒で採るのは大変なんだから!これでリースを作るのが待ち遠しい

アンジーお願いだから食べないでね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おやつ

子どもが夏休みなので、必然的に「お母さん!」と呼ばれることが多くなる。時々その「お母さん!」って言われることにドキッとする

息子は一回の食事をガッツリ!と食べるようなタイプではないので、食事して30分もしないうちに「何か食べるものない?」っていうのです。

先日も夜テレビでドーナツが映し出されたら、「お母さ~ん!ドーナツ食べたい!」って  もう8時半回ってましたから

ここではコンビニもないしすぐ買いに行くところも無い・・・ 仕方がない、ホットケーキミックスでドーナツを作ることにしました。

「本当に作ってくれるの?お母さん、ありがとう!」「お母さん、美味しい!」って可愛いことを言ってくれるので作りがいがあるんですけど。

それに一人っ子なのにあまり無理やわがままを言わないので、出来ることはしてあげたいと思うのです。

今日も出来れば片づけたい事があったけど、「ホットケーキが食べたい!」って言うので、アンジーも待ちくたびれていたのですが息子を優先しました。

我が家では”アンジーが優先”になることは多いですから

この夏で私の背丈を抜かした息子がいつまで、こうして二人でおやつを食べてくれるのだろう?と思うと、面倒でも大切な時間・・・

Photo_2

美味しそうでしょ?アンジーが窓から二人を睨んで見てました。オーコワッ

Photo_4

ホットプレートだと楽ちんです。

晩御飯が済んだらね、また「お母さん、無理だよね?葛湯食べたい!」ですって!いい加減にしてくれーと思いながら、本葛をお鍋の中で丁寧にかき混ぜながら作ることになりました。

息子は私の使い方が一番上手かもしれません

(おまけ)

2011

今日やっとユリが咲きました!場内にあるほとんどのユリはイノシシに根っこを食べられてしまうのです。残った貴重な一本です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

束の間の夏休み?

友達だけど母親のような姉さん(あねさん)がクレモンティーヌのコンサートに招待してくれました!

実はね。私クレモンティーヌって人知らなかったの でも20代頃からシャンソンやフレンチポップスが大好きで、ジェーンバーキンやフランソワーズ・アルディの曲を聴いたり、CINE VIVAN六本木でマイナーなフランス映画をよく見に行きました。

要はフランス語の響きが大好きなのです。 アンニュイな息の抜き方がたまらない。ちょっと寂しそうなスローな曲を聞くと胸がジーンときますから・・・ きっと過去生のトラウマでしょうね。

前から5列目の真ん中でしたからの素敵なクレモンティーヌさんをよーく見ることができました!綺麗でチャーミングでカッコよかった

次の日、子どもに「お母さんも髪の毛茶色に染めて前髪切ってパーマかけようかな~」って言ったら苦笑いしてましたけど・・・ 

帰りにみんなと食事してお店を出たのが午後10時過ぎ!こんな時間にこんなところにいるなんて いつもと違いすぎるー

みんなと別れて少し離れた駐車場まで行く間には、呼び込みの男の人たちがたくさんいてちょっと怖かった。

夫の母が夜遅くに山に帰るのを心配してくれてたけど、たとえ大きなイノシシが徘徊して飛び出してきても真っ暗な山道を車で飛ばす方がずっーと怖くない!

いつもと違う、束の間の夏休み!あねさんいつもありがとうね

Photo 夜の管理棟

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ありがとうございました!

夏休み・お盆休みにご来場くださった皆様、ありがとうございました 

チェックインとともにお天気が崩れて雷が鳴り響いたり・・・ 急な通り雨に慌てたり・・・ でもその雨のお陰で涼しく心地いい時間を過ごしていただけたと思います。

8月も残り10日ほどになりましたが、11月末まで季節の違うキャンプをまた是非味わいにいらしてください。秋はむかごとドングリ、秋の虫たちのコーラスをお楽しみいただけますから!

お客様がいらっしゃる間はイノシシもおとなしくしておりましたが、多くのお客様がお帰りになった次の朝!

Photo Photo_2

管理棟前の坂を上がった段の上にやけくそでやったかのような大きな穴を穿ってありました 道路には石がゴロゴロ落ちちゃって・・・

イノシシのバカッバカッ げんこつでコツンとお仕置きしたいぐらい これを直すのは私なんだから

やってもやっても自然の中はこうですから・・・ 私がたくましくなるのわかるでしょ?

(おまけ)

201108180829001  甘えながら眠っていくアンジーです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山道点検

山はずっと不安定なお天気続き・・・ ルナルナのような山間地域は、たとえ町では「くもり」や「晴れ」でも「ところにより雷と雨が降るところもあるでしょう」という地域にもれなく入ってしまうのです

今日は気温31度にも上がり暑い一日でしたが、湿気も無くなり、ほどよい風が吹いた最高の気持ちのいい夏日でした

大雨続きで気になっていた幡住川までの山道を午後からやっと点検しに行くことができました。

横断側溝などの雨道もやり直すところが少なくて、あ~よかった!それに山道は木陰が多いので楽に作業ができる。

行って戻って来るのに時間がかかるけど、このところ時間に追われる毎日だったから仕事とはいえアンジーと山道をとぼとぼ歩いて山の香りを楽しめたことは、久々のリフレッシュになりました(←いつものんびりしているように思っているでしょ?実はそうじゃないんだぁー)

Photo

さっさと先に行くアンジー(暗いところでは待ってる)

Photo_4

道にせり出したクマ笹を切る作業をしていたら、「お母さんまだ?」ってアンジーが戻ってきました

Photo_4

澄んだ綺麗な幡住川です。裸足になって入ってきました。冷たくて気持ちいい!

Photo_8

アンジーは水がキライ!だけど私が川の中で歩いているので気になったようです。

Photo_7

登りはきついの・・・

Photo_6

私が立ち止まると警戒してアンジーも立ち止まります。耳がかわいいでしょ?

やっぱりアンジーがいてくれるから安心&楽しい山道点検です!ご褒美はリンゴのおやつです 

汗びっしょりになって戻ってきましたが、一休みしたら今度は草刈り機で草刈りに出動です アンジーも行きたい!って大鳴きしてましたけど、危ないからダメなの

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »