« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

変化の中で

今日は朝から大雨が降っています。

暖かくなってきたのでカチコチだった地面も柔らかくなり、雨もよく降るようになったので、そろそろ肉体労働を身体を慣らしつつ始めなくてなりません。

さっそく雨道の整備に掛かっていますが、久々にジョレンやスキを使ったり、重たい金属のみぞの蓋を持ち上げたりしたので、背中の筋が突っ張ってしまいました

久々にオバタリアン実感!日々老化してます それもまっいいか!この世は変化の連続だもん。私も!すべても!

ここ最近の自然の姿です。

Photo

山の姿がすっかり霞んできました。この濃淡の姿がたまらない。

Photo_10

真下から見上げたヒノキ。たくましいね。

Photo_2

夕方、見晴らしの丘から見えた月。満月の3日前ぐらいでした。

Photo_4

霜が降りた枯れ葉。

Photo_5

夕方の太陽。その日の出番が少なかったので、沈むのが惜しいかのように厚い雲の中から顔を覗かせてくれました。

Photo_7

アンジー短い脚で頑張ってます!

Photo_8

キツツキも頑張ってます!

Photo_9

私も、ここで、こうして自然を感じながら自分を含めた”すべて”の変化を感じながら、いろんなものを育んでいきたい・・・ って思っています。頑張らないでがんばるゾ

アンジーの後ろ姿、けっこう知的だと思いませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自然と同調する

Photo

昨日は久々に薄着の格好で外に出た。風が気持ちいい。空を眺めると近くの雲も遠くの大きい雲も早いスピードで流れていく。

雲が面白いほど変化していくその姿はとっても不思議で面白くって!この雲をこんなに見つめているのはきっと私だけだろうなぁ

首が痛いからやっぱり地球を背負って寝っ転がって、ちょうど足元の方から雲が上がっていくように眺めていると不思議な感覚になるのです。錯覚ってやつです。

その姿を眺めていると空と一体化しちゃって!私が空になってしまうのです

空は私たちに宇宙を感じさせてくれる。お月さまも太陽も星空も!

Photo_2

そんなこと感じていたら私の視界にアンジーが・・・ 私のこと嗅がないで!お願いだから頭突きしないでよ

Photo_3

前日の雨のため飛行機の音がいつもより大きく聞こえる。

私は今、心からここの自然たちとコミュニケーションをとりたいと願っています。自然界のスピリットやディーバーたちと・・・ 協力し合いながらルナルナを育てていきたい。そんな夢を見ています だからそれらの存在たちと同調出来るように意識しています。

そのためにはどうしていくことが必要なのか?アイリーン・キャディーが本の中で答えていました。

  静寂の中に身を置くこと。

  自然の中にいて周りの美しさにひたりきっている時、

  あるいはアリが忙しそうに働いている姿を眺めている時、

  自然界のさまざまな歌、風にそよぐ木の葉や、流れる水の音に耳を傾けている時、

  私たちの心には深い安らぎが訪れる・・・ 

  それはあまりにもそこはかとないものなので、時には気づきさえしないことも・・・ 

  しかし、こうした瞬間に私たちは自然との一体感(ワンネス)を体験している。

これならいつでもここにいて出来そうですね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アンジーにやられる

今朝アンジーをデッキのリードに繋ごうとした夫が頭突きされて目じりの横に怪我をした自分でもビックリして目がおかしくなって長椅子に寝てしまったんですって

部屋に戻った夫の傷の手当てをして息子用にもらった冷えピタを貼った!

その他にもちょうど持っていた目の周りを癒すクリームやら水を吹きかけたり、私が出来る限りの処置をしたけど・・・ ビックリしました

相当痛かったに違いない・・・ 万が一ずれていたら大変な怪我になっていたかもしれない。もしかしたら失明の恐れだってあるんだから・・・

アンジーの角は要注意なんです

かわいそうに夫ったらしょんぼりしちゃって 

アンジーをデッキのリードに繋ぐ時は私も相当気を付けています。リードを付けない自由な時間が多いのでイヤなんですって!頭突きして怒るんです!凄い力です 

犬と違って「飼い主に忠誠」というところが少し違うのです。

山羊は人懐っこいけれど野生味が残っていて「勝手で気まま」なところがあります。それが”あるがまま”で可愛いところでもあるのです。

アンジーは私と長い時間過ごすので、たくさんのスキンシップや言葉掛けと愛情を掛けているので、そんな勝手気ままな性格の中にも人間に対する信頼や愛情はたっぷり感じています。

私の話す言葉も相当理解していて返事もするし、私に鼻で鳴いて話しかけてきます。あ・うんの呼吸だってあるんですから

私がアンジーと遊んだり顔をひっつけて戯れるときは、心を許しながらも2本の角には最善の注意を払っているんです

Photo_2

後ろの2本足で立って威嚇してます。私ともこうして遊びます。私が「じょうずじょうず~」って手をたたいて褒めるので得意がってやってくれます。

Photo_3

夫はアンジーの真似をしているだけですよ

Photo_4

こんな感じで頭を押し付けて遊んでいます。甘えるときはアンジーの力は弱めになるのでわかります。

2011_0212_082609dscf0417

「お父さん、今日はゴメンしてね。」アンジーより  ウフフフです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大きな雲

5日前の日曜は朝の気温-5℃。今日は10℃ですから 15℃も違う驚きです!

夜中に大雨が降ったのでたんまり残っていた雪があっと言う間に解けてしまいました。 もうちょっと残ってて欲しかったのに・・・ つまらない

熊手を抱えて、雨道に溜まっていた枯れ葉を取り除く作業をしてきたけど、上着なんて着ていられないぐらい熱くなる。

Photo_6

見晴らしの丘に着くと妙に雲が気になって。今日は雲が”生き物”のように感じられた。

雲は上に見上げるものだけど、向うの山の上に巨大な雲が存在していて、思わず見とれてしまった。

Photo_3 Photo_4 Photo_5

雲の右先端がラクダの顔していたのにゾウになったり・・・

Photo_7 長い鼻があるでしょ?

はははっ 私って暇人ですね。いいんです。シーズンオフですから

(おまけ)

Photo_10

「お母さん、そろそろ行く?」

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ここが大好きです

Photo

まるで雲の間から天使が飛び出してきそうでしょ?これ昨日の太陽です!空には大きな雲が次から次へと流れてくるので、太陽が顔を出す時間が少なくって・・・

Photo_2 こうしてアンジーと一緒に居るのが心の平安。

Photo_5

山羊の目の端っこ(外側)は丸っこくなっているんです。傍で今度見てやってください。とってもチャーミングですから。

うっかりアンジーにくっついて横になったら眠っちゃってアンジーの鼻息が私の顔に当たってビックリ

毎日ブログを書くつもりはないのに、こうして雪がたくさん降ると毎日自然が見せてくれる顔が違うので・・・

雪の質も変わります。降ったり解けたり、また夜中に降ったり・・・ 足で踏む感覚も違いがありますから!ここで暮らしているからこそ、そういう繊細な変化を楽しめます。

Photo_6

カモシカでしょうか?新しい大きい足跡がクッキリ付いていました!毎日ルナルナのどこかで動物が歩いていることが雪があると確認できます。

アンジーの葉っぱ取りに山の中に入ると、この頃大きい杉やモミの木を抱きしめて「いつもありがとうね。みんなにありがとうって伝えてくれる?」ってお話しします。

そしたら本当におバカだと自分でも呆れていますけど・・・ 木々が愛おしくなって胸一杯いになります。・・・込み上げてきます。後は想像にお任せします  きっと私が癒されるのでしょうね。

ここの自然たちは私にとっても愛されています

Photo_7

夕方に空がまた白くなって。今度は雹が降ってきました!ラムネみたいに真っ白で思わず食べてしまいました。

きっとここで暮らしていると年をとらないような気がしてきました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まだ降るつもり?

疲れたな~と感じていたら微熱がありました。自然の変化や自分の変化で疲れが出たみたい 若くありませんから・・・

Photo

今日の午前中はやっぱりモミの木の下で。雪も解けて座れたのに・・・

Photo_2

午後からまた降りだしました~ あれよあれよという間に真っ白けです。

Photo_5

もう降らなくてもいいからね!またパイプのどこかで凍結してるんだから

| | コメント (0) | トラックバック (0)

息子といっしょに

今日は朝から晴れ間が広がり雪も解け始めました。

私が家事をしていると息子はソリ遊びを始めましたが、どうも一人ではイマイチ・・・ そんな気持ちがビンビン伝わって来て・・・ こういう時一人っ子ってつまらないよね

家事なんていつでも出来るんだから、こんなことしちゃいられないあの子と遊ばなくっちゃ アンジーごめんね!

B_5 ルナルナの入り口坂です。

ということで息子とソリ遊びしたり、あの子の姿ビデオに撮ったり。

午後からはお友達と遊ぶつもりだったのですが、まだお留守で。「お母さん、アンジーと行った急斜面に僕も行きたい!」って言うので、もちろんOK!

母親は子どもがつまらなそうな顔しているの一番辛い。ゲームばかりしてられるのもイヤだしね~ 

「じゃぁ探検しに行こう

B_6 急斜面ってわかる?

せっかく行ったけど雪が残っていて足元超危険 それに崖っぷちのような斜面になっていく 恐ろしい・・・

じゃぁ隣の山に探検しに行こう!

B_7

山の中はどこも急斜面ばっかり でもここは歩きやすいのでドンドン下に。斜面の中にも平らなところがあって、それを見つけるとそこまで行きたくなるから不思議です。

下に降りれば降りるほど日影で暗くなっていくでしょ?息子が「お母さんどうする?」って聞くの。どうするってあんた怖くなったんでしょーに バレバレなんだから。

「戻ろう!」って言えばいいのに私に気を使ってる。

結構歩きました。あの子は私と二人で楽しかったのかしら?私は大満足だけど。息子とこんなことして山生活楽しみたかったから!

私の気持ちは感じてくれたみたいですけどね。

で、アンジーは?

B_8 後ろの洗濯物気にしないで!

もちろんアンジーとの時間もとりましたから。そうでないとヤキモチ焼きます 頭突きで怒られます。

とほほ・・・ 二人の子どもに気を使ってます お母さんは大変です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

降り過ぎじゃない?

B_3

昨日から積もった雪ですが、夜中にまた降り続いたようで・・・ 朝、外を見て驚きました 三回目の冬を体験していますが今までこんなに積もったことはありません!

B_6

朝はこんなに降っていました。夏も冬も極端すぎますね

子どもとアンジーと銀世界を散歩することに。いつもアンジーとばかりなので、今日は息子と雪の中の大自然を味わいたくって 

アンジーにはリードを付けました。本当はイヤなんですけど、でないと息子を威嚇する?ので危険です 遊んでいるつもりなんでしょうけど・・・

Photo_2

どこを見渡しても絵本に出てくるような世界 おとぎの国にいるみたい

B_4

仲の良いふりをしているふたり???

Photo_6

息子が外で一人ではしゃいでいます。雪にはそういう魔法があるみたい。もしかしてアンジー呆れてる?

Photo_3

雪を食べているアンジー。

B_5

峰山小学校の体育館が見えます!

B_10

奥サイトへ続く道です。(左側はパオがあるところ)。13㌢も積もったので歩くたびに雪の音がします。

Photo_4

木々に囲まれたサイト。

Photo_5

雪の付いているクマ笹を食べている。冷たいね。

Photo_7

裏散歩道をアンジーと二人で葉っぱを取りに行こうとしたら、もうイヤになったんですって でもね、もう葉っぱが無いの。取りに行かないといけないの

Photo_8

仕方がないので雪の少ない山の中へ。

山の中の斜面を登るとね、平らになっているところはこんな空間が広がっている。雪があるとまたいつもと違う感じがする!

B_11

B_8

「アンジーの食べる葉っぱが無いのでアンジーにやってください。」って、木々たちにいつもお願いして葉っぱを切らしてもらってます

この雪ですが少し山を下った(車で5分)同じ町内の「中塚」って所からしか雪は積もっていないんです。その境目は何なのでしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

再び冬

Photo

朝7時ごろから降り出した小雨がすぐに雪に変わりました。気温がマイナスになっていないので所々シャーベット状になっているところもあります。

このまま気温がマイナスになると溶けかけた雪が凍るので気をつけなくてはなりません。

こうしてブログを書いている間にも雪が優しく降り続けているので、管理棟のユーカリデッキの手すりには5㌢も積もりました。

Photo_3

これがルナルナの上がる前の峰山小学校下の風景です。車の中から撮りました。

少し前の春の陽気の時はそれはそれで嬉しいのですが、やっぱりまだ冬が去っていくのはつまらない感じがしていたので、冬が戻って来てくれたので良かった!

雪はみんなが困らない程度にお願いします!

今子どもからお迎えコールがあったので行って来ます。早く終りすぎじゃん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春の陽気

裏の散歩道の整備をしていたらアンジーが一生懸命に枯れ葉に隠れて育っている小さい葉っぱを食べていた。

今日は11℃も気温があって春です!そしたら見つけました!春の知らせ

2011_0208_

フキノトウが3つありました。アンジーにパクッと食べられたらタマリマセン 違う場所にそれ急げ

見晴らしの丘に着いたらヘリコプターの音が近づいて来て・・・ アンジーは大嫌いなんです!大きい音が。かわいそうなぐらい怯えるんですから

高圧電線が川根の方まで続いているので時々ヘリコプターが点検に来ます。低く飛んでいるので一度写真に撮りたいと思っていました。

Photo

Photo_2 Photo_3

こんなに近くを飛ぶんです。今日は私がカメラを構えているのを知っているのかしら?前に進むんじゃなくて横に飛んだりサイトの上を行ったり来たり・・・

もういいから、早くあっち行って 

アンジーの姿が見当たらなくて・・・ 呼んだら「メェ~メェ~」って鳴いて慌てて私のところに戻ってきました。

Photo_4 必死のアンジー

Photo_5 安心しておしっこタイム

Photo_6

「今日はお母さんの傍に座るわ!」って、前足で土をかいて座る準備してます。

Photo_7 

「本当に怖かったんだからね・・・お母さん!」って(私の膝の横で)

Photo_8

膝の下に頭突っ込んで甘えている・・・ 怖かったねぇ

あまりにも暖かくって気持ちがいいので二人で日向ぼっこしていたら(いつもですけど )今度はアリンコ見つけた!全長1㌢。それに全長4㍉の小さなアリまで外に出て来ていました。

Photo_10 2匹いるのわかる?

人間も動物も虫も一緒です。陽気がいいと外で過ごしたくなります!ブヨも飛んでいます。

Photo_9

アンジーもこれで安心。なんて間抜けなカワイイあくびでしょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

この日が来た!!!

最後に水を汲み上げたのは1月9日。あれからずっと汲み上がらなくて・・・ かなりの節水生活が続いております。

金曜日は疲れていたので衣類を久しぶりに洗濯機で洗ったら、とっても贅沢したような気分になりました。土曜日も洗濯機を1回だけ使った。絶対に日曜日は水を汲めるって思っていたから。

なのに日曜の午後、夫がポンプ小屋に行って機械を動かしても上タンクのパイプからは何の音もしない

暫くして夫が諦めて帰ってきた。何で帰ってくるの??? 

どこが凍って水が通らないのか?こうして見るとか・・・あ~だこ~だと私の想像できる範囲で確認の方法を伝えて、夫は再び旅立った

私はその度、上タンクに確認しに行く。上タンクに水を汲みあげるには、歩いて20分下の幡住川から長ーいパイプを山中に這わせてかなりの距離水を押し上げなくてはならないの。

山中のパイプの一部がまだ凍っているみたい・・・ 下タンクの金属部分辺りが凍っているのかもしれない。

タンクの中を見たらね、もうほとんど水は残っていなかった いえいえ全く無ーい あ~こんなに気温が上がったのに今日水が汲めないなんて!ナムアミダブツ~~~~チーンという感じ。

2回目の確認をしに行ったらね、パイプの中からガポッガポッって音がしている!もう水がそこまで来ようとしている!パイプも頑張っている様子!でも、どうもどこかで氷が邪魔している感じで・・・

タイミング良く夫から電話が入って 「どう?」 って 「後少しだから!パイプの水を少し捨てて電源入れ直してみて!!!」

タンクの蓋を開けたまま祈るような気持ちで見守った。タンクの上であぐらを組んで 「お~神よ~」って!もうそれしかないでしょ

そしたらドドドって水が出てきたの!!!!水がドーって出てきましたから

Photo やったー

歓喜極まって叫んじゃった!峰山中響き渡るぐらい3回もキャー って叫んでしまった!そしたら胸いっぱいになって安心したせいもあって号泣してしまった。大声で泣いちゃった。嬉しくって嬉しくって・・・

しばらく子どもみたいに泣き続けた・・・ 泣いて休んでまた泣いて・・・。いいもーん。ここは誰にも聞こえないし見られない。知ってるのはアンジーだけ。

Photo_2

このタンクに水が入る音が大きく聞こえてくるの。傍を離れたというのに・・・。いい音。安心の音 アンジーは聞き耳立てて気にしてましたけど。

3時ごろから雨が降り出して。恵みの雨です。

当たり前のことに、これだけ ”喜びを味わえる” 不便な生活・・・ 思い出しただけでも感動が蘇ります

Photo_3

| | コメント (2) | トラックバック (0)

太陽の光

朝、アンジーが「起きたわよ!」ってゴンゴンするからガラス戸を開けていい子いい子しようと思ったら

太陽がちょうど山から出かかって綺麗なオレンジ色の光を放っているので、急いでアンジーを小屋から出して、私はカメラ片手に見晴らしの丘めがけて一目散にダッシュした

Asahi_3_2 

自然の姿は本当に神々しいって思う・・・ 

Asahi2

Asahi

気温が上がったら薄ぐもり。

Photo_2

アンジーったら小屋から出したらすぐに餌がもらえるのに・・・ 今日はお母さんおかしい???って。向うの方で待ってる

この間、私が「ここ最近の太陽が違う」ってブログに書いたら、お姉様からメールが届いて他の人もそういうことを言っているよ!と教えてくれた。

それにね、このところの太陽は波動がすごく上がって私たちの内なる変容をサポートしてくれるので全身で浴びましょう!ということでした。

Photo

↑ほらライトで照らしたみたいでしょ!

それならば!ということで今日は意識して場内一周!

町でも同じ太陽の光が降り注いでいますから意識してみてください。太陽の光を今までより明るいですから

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青い空

ここ最近、急に太陽の日差しが変化したような気がするのは私だけ?勘違いかもしれないけど。この1週間辺りから強くて眩しくて地面を照らす色が違うように感じる・・・

昨日はあまりにも空が青くて 思わず砂利の上に寝っ転がって空の写真を撮った。

Photo

↑ホントはもっともっと青い!カメラを通すとあきまへんなぁ~

Annji_2

これは青いでしょ?こんな真っ青の空だった 急に私が動物のような動きをするからアンジーったら座っていたのに立ち上がって警戒しだした

お母さんはリラックスしているのにね。ビックリしたみたい・・・

Photo_5

パオの前のモミの木の前で二人で時々日向ぼっこします。昨日はアンジーの方から誘いました。土をガリガリ前足でかき出してね。「ねぇ。座ろうよ。座るんでしょ?」って感じです。

ここでお母さんが座るってわかってるんです。私はここで瞑想をします。続いているんです。これこそ奇跡だ

風の音が波のように押し寄せてくるのを感じて・・・ 頬には冷たい風を感じて。カラスが元気に鳴いてます。人口音は362号を走る車ぐらい。時々チェンソーの音が聞こえます。

鳥たちも寒いのにいろんな鳴き声聞こえてきます。

今日も素敵な一日になりますように

(おまけ)

Photo_3

1月末の夕方、ふと見上げたら木々たちが ”素の姿” で立っていました。その時初めて一本一本の木々たちを見てあげることが出来ました。

その姿を見ていたら何だか胸いっぱいになって。だって私が一番お世話になっているでしょ?ここの自然たちに

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小さな喜び

先日友人宅にお邪魔したら「Kちゃん、トイレに行っても紙は入れないでよ!」って注意された 山で暮らしているとみんな知恵を使って水を大事に使っているのです。

ストーブの上には飲むためでない水を彼女の家でも沸かしていました。我が家と同じです。

食器を洗う時は大きいボール2杯の水で溜めすすぎ。3杯目は熱湯をくぐらします。そんな生活ですから洗濯と食器洗いに時間がとても掛かる毎日です。

昨日は月曜の冷え込みの影響で夕方になっても水が出なくて、とうとう今日もお風呂に入れないのか・・・ って諦めていましたが、夫が9時ごろ「お湯が出る!!!」って喜んで。

お風呂を溜めてくれました。けどね途中で水になったらしくて・・・ まぁどうにか入れそう・・・

「早くお風呂に入っておいで!」って言われて一番に入ったら20cm しかお湯が溜まってないの 笑えるー キョーレツ

でも2日間入れなかったから喜んだ!

湯船の底にへばりついて入るんです。やったことないでしょ?肘から上の両手で熱いお湯を上半身にバタバタパタパタ掛けていたら、自分が ”トド” に思えてね。

可笑しくって可笑しくって!お風呂に入れる喜びも加わって一人で湯船の中ではしゃいでしまった きっと子どもの方が大人です

明後日から暖かくなりそう。大いに期待しています。

Photo

アンジーの水が朝になったらいつも凍ってます。葉っぱが一緒に凍る時や小さなクモが凍っている時もあります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自然の中で、自然のままで

Photo

水が汲めなくっても、お風呂に入れなくっても、気温がマイナス7℃でも、こうして朝になると管理棟から見える木々たちに太陽の光が照らされていくその姿を見ることができると

あぁー 今日も太陽が出てくれたって嬉しくなる。

この頃、私変なの。アホってわかってるけど・・・ そうじゃなくって。

そうじゃなくて・・・ ん・・・・・・ 座わったり活動を止めると静寂に包まれるの。そこにあるの静寂が。不思議。だからね、とっても感じやすいかもしれない。

今こうして水が足りなくなるような ”静かな冬の山”を味わっているけど

春になって地上がダイナミックに活動を始めると、今年はどんなふうに私が自然たちの変化を味わえるんだろう? もしかしたら驚くほどこの大自然の鼓動を感じるられるの”かもしれない!”って、想像しただけでワクワクしちゃう

ここに来させてもらえって良かった!って、ここで暮らせて良かったって!こんな大自然の中で生きることが出来て本当に良かった!って思うのです。(その代わり不便さはすごいよ

ほーら、やっぱりおバカでしょう

昨日のルナルナの中をご紹介って言っても私とアンジーのお散歩でごめんね。

2011_0131__12

雪がうっすら積もった上を一番に足跡を付けるって嬉しくなる。

2011_0131__2

パオの周りもうっすら雪化粧。

2011_0131__3

アンジーの葉っぱを取るために見晴らしの丘の斜面をけもののように下りた。アンジーも慌ててついて来た。やっとカメラの方を向いてくれた時のいい顔。

2011_0131_095142dscf0076

今日も海が見えました!伊豆半島も!

2011_0131__4

第2炊事場の手前です。ユーカリチップの上は雪が積もりやすいみたい。

2011_0131__5 2011_0131__6

炊事場の先の木々に囲まれたサイトです。アンジーの姿(左側の)わかりますか?

2011_0131__7 誰?

2011_0131__8 上のと違う動物?・・・

2011_0131__10

ウサギ?アナグマ?子どものカモシカ?

2011_0131__11 2011_0131__13

誰?汚くしたの!斜面から道にジャンプして下りた跡。

2011_0131_simobasira 霜柱があちこちに・・・

アンジーとマイナス3℃の中の午前中の散歩でした

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »