« 夕空 | トップページ | ショックです »

繕い物

私は子どもの靴下を繕うことが大好きです

小さい息子に「物を大切にすること」をお説教ナシで伝えたかったのです。今でも息子は繕った靴下を文句も言わないで履いて行きます。

私が通っていた高校には(今の私たちが暮らしているような)山奥から通っていた学生がいました。

私の兄が高校生の時に(兄と私は近所の同じ高校でした)母にしていた話が、オバタリアンになりかけている私の心に今も残っています

兄のクラスの山から通っている友達のお母さんは、彼が「穴が開いた靴下をゴミ箱に捨てても捨てても、知らないうちに繕っては引き出しにしまってある・・・ 」

年頃の子どもは繕ったような靴下はカッコ悪いものです。妹の私にはその話が心に響いたんですね~

その話で私は繕うことが好きになったのかもしれません。

今日は朝から息子の傘の「露先」を修理しました。「露先」って傘の周りについているたくさんある先っぽのことです。素敵な名前ですね!

露先もいろいろな大きさがあって、家にある壊れた傘の中にはピッタリなのが無かったので、私の傘の露先を息子の傘に! 私の傘にはサイズが合わなかったけど付けておきました!

Photo_2

はははっ 一か所だけBigこんなところ誰も気づかないでしょ?

山では朝から雨がパラパラ降り出しました。今日は縫物が似合う日になりました・・・ アンジーはつまらなそうですが。

|

« 夕空 | トップページ | ショックです »

好きなこと」カテゴリの記事

コメント

私も小学生の頃「お針」をするのが好きで
よく穴の開いた靴下を直して履いていました。
最初の頃は下手くそで履き心地が悪かったのですが
上手に出来たときは結構嬉しかったなぁ。

現在の我が家でも傘は防水テープまで使って直してあります。
買っても買っても壊すんだもん。

投稿: アーバンな俺 | 2010年10月20日 (水) 22時31分

アーバンな俺さんへ
男の人が自分で靴下の穴の繕いをされていたなんてスバラシィですね。
今は安くてそれなりの物が手に入る時代ですけど、それでも簡単に使い捨てしないで大切に使い続けたい・・・
精一杯使ってあげたら「物」もきっと喜んでいると思っています。

投稿: ルナルナ | 2010年10月21日 (木) 07時51分

私も、捨てても、捨てても繕って箪笥の中に入っている靴下の話、聞いたように思います。
思い余ったその男の子は、お習字の時墨をわざとこぼし「之でヨシ!」と思ったら,洗濯されて箪笥に中に・・・諦めて最後まで履いたと言う事ですね!裕福な家庭のそのお母様の教育法に感心しますね。

投稿: nagatuki | 2010年10月25日 (月) 15時08分

nagatukiさんへ
ご無沙汰しております。そうですか、お習字の墨をわざとこぼす話まであったんですね。こちらの山の人たちも物置には何でも屋さんのようにいろいろ残してあります。すぐに買いに行けないし、何でも自分たちで作ったり修理したりされています。

投稿: ルナルナ | 2010年10月25日 (月) 21時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 繕い物:

« 夕空 | トップページ | ショックです »