« 秋の気配 | トップページ | ウンチ畑 »

発見!

朝夕めっきり涼しくって、半袖だと”さぶいぼ”が出てしまうぐらいです。

急遽・京都弁講座になりますが ”さぶいぼ”ってわかるかな?

こちらでいう”鳥肌”のことです。鳥肌は「驚いたとき・気持ち悪い時・ゾッとしたとき」の皮膚の状態ですけど、京都弁では”さぶいぼが出る”って品のない表現をするんです。

「寒い時に出るいぼ」なので、ゾッとした時も寒い時も「さぶいぼでるわー!」って言います。

関西の表現はちょっとお下品な表現が多いんだなぁってこと、私が東京で暮らしてわかりました

めいぼ(目イボ)=ものもらい、耳くそ=耳垢 ・・・・  それからついでに書いておくと、「だるまさんがころんだ」って遊びあるでしょ?それを京都(関西含む)では、「ぼんさんがへをこいた、においだらくさかった!」って言って遊ぶんです。

おもしろいでしょ?

20090824112951 先日、刈った草を草むらに落そうとしたら、コロコロっとした”そばぼうろ”(←静岡でいう8の字のお菓子です)みたいなのが、落ちていました。

きっとカモシカ?のウンチです。だって繊維がいっぱいあったから・・・ 紙に包んでポッケに入れて持って帰りました

左が乾燥しきったカモシカのウンチ、右の黒いのができたてホヤホヤのアンジーのウンチです。

20090823171327 ←これはモミの木の下に落ちていました。松ぼっくりでなく、モミの木ぼっくり?です。

場内を歩いていると、おもしろい発見があって嬉しくなります 思いがけないものが落ちているときは、歳を忘れて子どもに返ってワクワクしてしまいます。えっ?わたしだけ?

今日お帰りになったお客様の子どもたち、KくんとMちゃんは8才と5才でしたが、帰る前に私とアンジーにたくさんお話ししてくれました。

二人ともとっても可愛くって、話すことも可笑しいんです!きれいなままだから”そのまま”なんです。何度も大笑いしてしまいました。

ルナルナで、どうぞ楽しい発見をたくさんしてくださいな。きっと子どもに戻れますから

|

« 秋の気配 | トップページ | ウンチ畑 »

子ども」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 発見!:

« 秋の気配 | トップページ | ウンチ畑 »