« 心の音に耳を傾けて・・・ | トップページ | アリが10匹の気持ち »

ハッピーな時

春になってからのことでしたが、ルナルナに何本かの”ねむの木”があることがわかりました。こちらでもやっと咲き始めてくれました

「ねむの木」は私の中で気になる木。そもそも私の小学校の時の担任の先生が「ねむこ」という名前で、眠そうな顔の先生でしたが(←人のこと言えないけどォ~) 優しさが顔から全体から醸し出すような女性でした。

2009_0720_091835pic_0743_convert_20 ねむの木の花を始めてみたときは、その繊細な花びらが花火のようで素敵で  皇后さまが作詞された「ねむの木の子守歌」を知った時もとても心に残って

そんな流れから私の中では「ねむの木」というと子守歌なんです。

私は子どもに子守歌を歌うのがとっても好きなのです!

もちろんわが子にもそうでしたが、保育の仕事をしていた時、ベビーシッターをしていた時もお昼寝の時には、トントンしながら子守歌をよく歌いました。

最近はもっぱらアンジーに歌ってあげるんです。歌いながら素手でアンジーの身体を掻いてあげるんです。ブラシではなくて・・・ ←可愛がり過ぎ???

20090719121739 だからアンジーは全くのんきな顔つきに育っています

←ほーらね

今日は連休で私がバタバタしてかまってあげられなくて、お昼に子守歌を歌って頭をさすっていると、私の手のひらにアゴをのせて・・・

豚のような顔して眠っていきました。

子守歌は歌っている自分の心も和みます。

どんな歌でもいいんです。歌を口ずさんでいるときって、結構心がハッピーな時ではないですか?

|

« 心の音に耳を傾けて・・・ | トップページ | アリが10匹の気持ち »

好きなこと」カテゴリの記事

コメント

私もこの季節(合歓の木の花が咲く)、合歓子先生を思い出します。4年生の頃を。
泣いたり笑ったり元気いっぱいのクラスでしたね。(8年間同じのクラス)
醍醐の田舎(昔は)を走りまわっていた頃を懐かしく思い出します。
子守歌をいっぱい歌ってあげた我が娘たちも大きくなりました。

投稿: 大津の友 | 2009年7月21日 (火) 12時21分

もしかして、Cちゃんですか?8年間一緒なのはたった一人しかいないもんね、ありがとうね!HPやブログ見てくれていたのね。ちょっと恥ずかしい気もするけど(^-^; 元気にやっていますか?ご家族のみなさんは?また連絡してください。私は相変わらずのふくちゃんです。

投稿: ルナルナ | 2009年7月22日 (水) 17時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハッピーな時:

« 心の音に耳を傾けて・・・ | トップページ | アリが10匹の気持ち »