« 雨道作り | トップページ | 雑草?薬草? »

おっかなびっくり!

今日のお昼、私が管理棟の中にいたら、いつものようにユーカリの長椅子に座って、反芻の時間を楽しんでいるアンジが、勝手口の方に ”馬のように駆け込んで来た!”

いつもはこんなことありえない・・・ もしかしてと思って私もすぐに飛び出した。

やっぱりっー 3週間ほど前にキャンプ場に迷い込んだ犬と同じ犬。きっと猟犬に違いない。アンジなんてそんな犬に襲われればイチコロ

その犬がまた戻ってきたー 

前回は逃がしてしまったけど、今回は勇気を振り絞り(弱虫アンジのために)、急いでベーコンぶら下げて犬を追いかけた。

「おーい!これあげるから戻っておいでー」って言ったら シッポを振って戻ってきた。美味しそうに嬉しそうに”パクリッ”と一口でたいらげた。そのすきにアンジのリードをカチャッと付けて近くにつないでおいた。

ミルク、それにツナを混ぜたご飯を与えながら首輪に飼い主の名前や何かが付いていないかチェックしたけど何もなくて・・・

そのうちもうここには用事は無いとみえて、どんどん坂道を下ろうとする。その力と言ったら驚いた リードを持つ私が引きずられ、もう一本太い紐を付け終えたときは、キャンプ場の下の入り口あたりまで来てしまっていた。

本当は私、とっても怖いんだ 自分ちの犬でもない成犬触るなんて! ましてや飼い主探して山でうろちょろしている犬なんて。でもアンジを守るためには仕方がない・・・ 

急いで木にくくり付けて、交番や動物指導センターに連絡し、夕方来てくださることになったけど・・・ その頃には、その犬ったら太い紐を噛みちぎって、アンジ用のリードまで一緒に付けたまま逃げて行ってしまっていた あちゃちゃです。

「山に捨てられちゃったのかなぁ?」「でも捨てるんだったら首輪をつけたままにする?」といろいろ子どもと話しました。

動物指導センターの方に引き取られたとしても、そのまま山をさまよい続けるにしても、飼い主が見つからないのなら、どちらも切ない複雑な気持ちです。

そう思うとアンジはなんて幸せなヤギなんでしょうね。一日べったり私と過ごして、一日中草をたらふく食べて、ウンチしまくって。そしてたくさんのスキンシップをしてもらって いえいえ、私がそうさせたいだけなんですけどね。

動物でも人間でも ”大切にされている”って感覚はとても大事なこと。だから私はここに来てくれたアンジも大切にしていきたい

|

« 雨道作り | トップページ | 雑草?薬草? »

生き物たち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おっかなびっくり!:

« 雨道作り | トップページ | 雑草?薬草? »