« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

できあがり!

20090630090435 やっとできました これが野草酵素飲料です。少し心配だったけど、ちゃーんと発酵しました!

蓋を開けるたびに、プシュ~って気が抜ける。

外から眺めると、小さな小さな泡が、次から次へと浮いてきて、”生きてる!”って感じです。

樽に付け込んでから、毎日1回私の素手でかき混ぜる。どの人にも手のひらには常在菌が居るらしくて、その菌がこの野草酵素に混ざるので、混ぜた私にピッタリの健康飲料ができるんですって

「おにぎり」なんかも、お母さんが素手で握ってくれたものが最高においしくなるのは、”母の思い”と、この”常在菌”のおかげって聞いたことがあります。

2ℓの瓶が2本もできました。超甘甘なので、スープ用のスプーン2杯ほどを水で割って、朝晩クイッ~とやっています。

問題のお味ですが、京都の”冷やしあめ”の味がする・・・ (京都では名物なんどすえ)

夏になると、京都のそこら中の観光地(お寺など)の店先では、”冷やしあめ~”って布がぶら下がっていて、私はこれを飲むと、小さい頃の記憶がよみがえります

早く言うと、ニッキの味がするって感じかな??? 野草の香りは嫌な感じはしません。

息子は、目をつぶって飲んでいました・・・ 小さい頃から「お母さん、これカラダにいい?」って聞くタイプでしたから、きっと我慢して飲んでくれたんですね。

夫に「ねぇ、これ飲んでみない?」って聞いたら 「今はいいよ!」って。うまい断り方してくれるじゃん!ちょっとー

私だけが積極的に2日間ほど飲んでみて感じたことは、お腹の中でも発酵しているような  腸の中が活性化している感じがしています。

夏バテにはいいかもしれません。パックしてもよし!お風呂に入れてもよし!植物の肥料としてもいいらしい また報告します!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近の山の恵み

梅雨に入ってからというもの、この峰山の名物の”霧”が多くなった。昼間なのに ”幽霊~” が出そな感じの日もあるんです・・・

あまりにも霧の深い時は、アンジー も奥のサイトについて来るのが怖いらしい。振り返るとずーっと後ろの方で立ち止まり、私の方を見ている。だから怖がりの私も奥に行くことを止めるのです

うっとおしい日々が続いたりするけど、それでも山にはいろいろお楽しみはあるんです!

2009_0612_182215pic_0534

2009_0612_230120pic_0536_convert_20←黄色い木イチゴ。黄イチゴ?藪イチゴともこの辺りでは言うらしい?

山の師匠が仕事帰りにたくさんあったからって切ってこられて。木についたままの黄色い木イチゴをたくさん置いて行ってくださった。

20090616162927 トゲトゲがたくさんあるので実を取るだけで1時間もかかってしまった 晩ごはんの支度がずれ込んじゃって夫も子どもも待ちぼうけ・・・ごめんちゃい!

この実はとっても甘くておいしいんです

息子とたくさんつまみ食いしたけど、残りはもちろん手作りジャム

2009_0621_102408pic_0565_convert_20 ←これは何だと思いますか? これは山椒の実です。夫が取って来てくれました。

山の子どもたちは、これをすりつぶして丸めて川に投げて、山椒の実でしびれた魚を取って遊んだらしい・・・(夫が聞いてきた)

初めて山椒の実の佃煮を作ってみましたが、香りが良くて最高~!

20090624210134 ←これはキャンプ場でとれた蕗です。

昨年初めてきゃらぶきを作りましたが、オーナーの奥様が度々その時のきゃらぶきをほめてくださるので、調子にのって 今年も作ってみました。

アンジーと一緒に山の急斜面に下りて、ズッコケながらの収穫です!

次はどんな山の恵みが出てくるのか楽しみ そういえば毒キノコはニョキニョキと育っていましたけど~

<おまけ> 2009_0625_073100pic_0566_convert__2

へんてこりんな寝方のアンジー。安心しきって寝ています

| | コメント (1) | トラックバック (0)

知らないうちに・・・

この間わかったことだけど・・・  何気なく両手を腰に当てて人の話を聞いていたら、お腹に触れる自分の指を疑った。

カタイ・・・ 硬い・・・ 硬いじゃん これホントに私のお腹??? ビックリ仰天 いつの間にか筋肉がついている~ 

あんまり驚いちゃったので、周りの人に「ねぇねぇ!ほら触ってみて!!!硬くなってるんだよ!」って子供みたいに無邪気に、男の人にも女の人にも触らせてあげた

もちろんいつもの仲間の人たちにですよ。

そういえば、子どもが幼稚園のころ、半年間で3回もぎっくり腰になっちゃって・・・ 大変な思いをしたことがありました。腹筋や背筋が弱いことらしい・・・ 

好きな外仕事が知らないうちにシェイプアップになって、健康になって、体力もついて!もちろんキャンプ場もきれいになっていく・・・ 一石四鳥って感じかな。 

でも今度気づいた時はボディービルダーみたいになっていないことを願います

20090620114815 今日は外に干していたセイロを取り込んだら、体のプニャプニャのお客様がついてきていました!

モリアオガエルさんです。彼にはこれから外仕事を一緒に働いてもらおうかしら?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かわいいお客さま

今日のお昼過ぎ、怖いほどの大雨が降ってきた さっきまで晴れたりしていたのに・・・ 管理棟の前の坂には、砂利までゴロゴロ転がって来て、濁った水が川のように流れていく。

雨道の大切さがわかると、こんな大雨の時はいろんな所が心配になってしまうなぁ

傘をさしてデッキから水の流れを見たら、雨道が溢れんばかりの川になって、道にもタイヤの通るところに2本の川ができている ひょぇ~って感じ・・・ すっかり全身びしょ濡れになってしまった。

浅間神社近くに住む友人に電話したら、まだ降っていないよ!って返事。へぇーそんなに違うんかい?

雨で喜ぶのは、モリアオガエルだけ!?

2009_0618_205721pic_0547_convert_20 昨年に続き、今年もいらっしゃいました!夜になると勝手口のガラスに張り付いて、そこにきた獲物を狙っているんです!

手の吸盤が大きめで、チャーミングです  昨年も外でドスン!っていう音がしたので出てみたら、このお客様でしたっけ。

2009_0618_210229pic_0561_convert_20 我が家は、勝手口のドアにはカエルさん。その後ろを振り向くと、可愛いアンジーがいつも私たちを見ているんです!

ごめんなさい。相変わらずの親バカで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野草酵素作り

昨日はあんなに大雨と雷が鳴るとは・・・。 5日前の天気予報を見て「この日は晴れるぞ!」と信じきったまま、仲のいいお姉さまと二人で野草酵素作りを決行した。

首には手ぬぐい、頭は帽子&虫刺され防止ネットを被って、あなた達は養蜂家ですか?というスタイルで草摘みをスタート!(←ただのオバタリアンです

予定は各自10kgだったけど”そんなの無理!”ってことがわかり、それぞれに5kg目指した。でもね、1kg程しか取れないうちに、雨が降りだしそのうち雷も激しくなり出し、大きい木がいっぱいあるキャンプ場では、草摘みも命がけ

雨が超苦手なアンジーは、雨の中でもお付き合いしてくれたけど、そのうち情けない顔して「メェェェェ~ お母さん帰ろうよぉ~」と傍に来たので、急いで管理棟にアンジーを連れて帰った。

野草酵素作りは、樽に付け込むまでの作業は”手早く!”ということが大切らしい。お昼ごはん抜きで、次の作業に取り掛かった。

草を大量に洗って、包丁でトントン刻んでいく。「私たちってバカだよね~。こーんな日に野草酵素作りしちゃってさ~」ってゲラゲラ大笑いしながら、まるで草食動物アンジーになった気分!

20090616161905 二人で7kg しか取れなかったけど、買っておいたふたつの樽にはジャスト!って感じで納まった。二人がお昼ごはんにありつけたのは、なんと3時!おやつの時間じゃん

これでいいんかい?という初めての野草酵素作りは、山ならではの豊かな時間になりました

これから7日間ほど毎日自分の素手でかき混ぜるのですが、さっき初めて混ぜてみたけど、白砂糖の甘い香りと野草の香りのハーモニーがたまらない

まったりほんわか優しい波動が私を包んでくれました!上手く出来上がったら、お客様とも一緒に作れればいいなと思っています!お楽しみに

| | コメント (3) | トラックバック (0)

今日この頃

梅雨に入ったとたんに晴れの日が続く。でも山はさすがに霧の立ち込める日が多くなって、これからの季節は湿度との戦いです。

冬はとっても寂しそうにしていたサイトも今はすっかり緑に包まれて、とっても心地いい感じになっています。優しい緑を見ていると ”生きてる!”って感じです。

そんな緑の草たちを薬草だと知りつつ 「ごめんね。ここはサイトに使うから許してね!」 と心で思いながら、草たちを抜いている今日この頃。

雨上がりは土が柔らかくて、草も抜きやすくて・・・。ススキなんかもサイトの中は抜いて根っこが枯れるように並べて、それはアンジーの冬用の食糧のために。

草たちも育ちすぎると汚らしくなるので、私なりに様子を見つつ手入れをしています。

ポールスミザー風にススキを束で残してみたり。水がたまるところは水の流れを作ってビオトープ風にしたり。 ここはこうしたいあそこはこうしたいなんて、やりたいことがいっぱいで!時間がいくらあっても足りない。

そんな調子ですから、うっかりすると家の中のことは最小限になっていて、びっくりおったまげ きゃーここはこんなに汚かったのー???なんて・・・ 最小限といっても一応母親ですから、やるべきことはやっているつもりなんですけど 

毎日草や木と過ごすことが多くて、先日ここに桑の木があることがわかって。はじめは毛の生えた虫がいっぱいぶら下がって気持ち悪りーって思っていたら、それクワの実だということがわかりました。ジュースを作ろうか?果実酒を作ろうか?って楽しみにしていたら

なななっ なんと・・・ 今日サル2匹が食べに来ているではありませんか くやし~ くやし~ くやし~ぃ!!!

何度追っ払っても、近くで隠れているみたい。くやしがっている私に午後来られたAさんは「でもこんな高いとこ、Kちゃんどうして取る?」なんて言われて・・・ 確かにー 私もサルみたいに木に登らないと取れないのに気づかされてしまった。

何度追っ払ってもクワの実を狙っているサルたちに、諦めきれない私は 「半分は残しておいてねぇー」とみっともないことを大声でお願いしておいた。 

明日はお姉さまと二人で野草酵素を作る予定です。こんな奇麗な野草がいっぱいあるんだもん!抜いてばっかりじゃもったいないでしょ?

どうか、いやしんぼうアンジーが邪魔しませんように・・・

20090607112031 20090607112002           

20090607112013 ←この頃のアンジーちゃん。おバカさんでしょ?可愛くてたまりません                                                          

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雑草?薬草?

雑草がぐんぐん育ち始めてきました。

先日サンタさんにお会いしたとき、「あそこは薬草の宝庫だね。どうするか?黙ってみてるんだぁ・・・」なんて言われた。黙ってみてるなんて、もう言ってるじゃん

そういうこと言われると、意外と気にするタイプ。ん~気になるタイプ??? だからといってすぐに何か出来るわけでなし・・・ 

でもね、もともと自然療法的なことは大好き!夫が全身かぶれた時はびわの葉を煎じて温シップしたり、しょうがをスライスしてお塩をまぶしたものは胃薬として食べたり・・・

で、そう言われて思い出した「フランス薬草治療家 メッセゲ氏」のこと。彼の自伝を読んでとても感動した もう一度この機会に読み直し始めた。

そして日本の薬草のことも楽しみながら調べてみようかと思って、早速「薬草」の本を図書館から借りてきた。

それからというものキャンプ場で育っている草を今までは“雑草”と思っていたのに、この雑草たちったら、”薬草”にもなるんだ・・・と思うと、いとおしくなっちゃって。

だからこの草はどんな花を咲かせるんだろう? どんな実になるんだろう?と思いながら場内の草や木々たちを観察しています。だからしばらくそのままにしておきたいK子さん。

そんなんじゃ草刈できないよねぇ~ 

今日もスキを持って雨道整えながら、カメラ持って場内1周していたら、なんとなんと昨年の11月に失くした大切なブローチが散歩道の上に落ちていた

うっそでしょうー 信じられない 何度も何度もなんどぉーも下向いて歩いたよ、この道。

天使に見つけて!ってお願いしたのに叶わなかったけど、やっぱりお願いしておいてよかった きっと自然界のディーバーのしわざネ 了解しました!頑張って薬草勉強するからね!

20090602150233 ←大きいヘビいちご。左がいつも見ている大きさです。

20090602150439

←これも大きい白つめ草。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おっかなびっくり!

今日のお昼、私が管理棟の中にいたら、いつものようにユーカリの長椅子に座って、反芻の時間を楽しんでいるアンジが、勝手口の方に ”馬のように駆け込んで来た!”

いつもはこんなことありえない・・・ もしかしてと思って私もすぐに飛び出した。

やっぱりっー 3週間ほど前にキャンプ場に迷い込んだ犬と同じ犬。きっと猟犬に違いない。アンジなんてそんな犬に襲われればイチコロ

その犬がまた戻ってきたー 

前回は逃がしてしまったけど、今回は勇気を振り絞り(弱虫アンジのために)、急いでベーコンぶら下げて犬を追いかけた。

「おーい!これあげるから戻っておいでー」って言ったら シッポを振って戻ってきた。美味しそうに嬉しそうに”パクリッ”と一口でたいらげた。そのすきにアンジのリードをカチャッと付けて近くにつないでおいた。

ミルク、それにツナを混ぜたご飯を与えながら首輪に飼い主の名前や何かが付いていないかチェックしたけど何もなくて・・・

そのうちもうここには用事は無いとみえて、どんどん坂道を下ろうとする。その力と言ったら驚いた リードを持つ私が引きずられ、もう一本太い紐を付け終えたときは、キャンプ場の下の入り口あたりまで来てしまっていた。

本当は私、とっても怖いんだ 自分ちの犬でもない成犬触るなんて! ましてや飼い主探して山でうろちょろしている犬なんて。でもアンジを守るためには仕方がない・・・ 

急いで木にくくり付けて、交番や動物指導センターに連絡し、夕方来てくださることになったけど・・・ その頃には、その犬ったら太い紐を噛みちぎって、アンジ用のリードまで一緒に付けたまま逃げて行ってしまっていた あちゃちゃです。

「山に捨てられちゃったのかなぁ?」「でも捨てるんだったら首輪をつけたままにする?」といろいろ子どもと話しました。

動物指導センターの方に引き取られたとしても、そのまま山をさまよい続けるにしても、飼い主が見つからないのなら、どちらも切ない複雑な気持ちです。

そう思うとアンジはなんて幸せなヤギなんでしょうね。一日べったり私と過ごして、一日中草をたらふく食べて、ウンチしまくって。そしてたくさんのスキンシップをしてもらって いえいえ、私がそうさせたいだけなんですけどね。

動物でも人間でも ”大切にされている”って感覚はとても大事なこと。だから私はここに来てくれたアンジも大切にしていきたい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »