« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

さつまいもとりんごのパンケーキ

こんな真冬に、朝から風もなく ポカポカ陽気はもう最高ルンルンウキウキ こんな贅沢な日が3日間も続いてる!

こんな日はじっとしていられない。身体がうずうずしてしまう!なんでって?草刈りと荒れたサイト手入れをしたいからです。冬のキャンプ場は仕事が無さそうですが、そんなことはあーりません!

私が”手を掛けてあげればあげるほど”、”愛を持って世話をすればするほど”に、自然たちもそれに答えてくれるような気がします。

実は私、片づけが大好き、お掃除するのも好きなのです。だから農夫のような仕事も男のようなハードな仕事でさえ、とても楽しんでいられます

それに、この場所が大好きなんです ここに来るって決めた時、ここの自然たちに約束しました。”大切にするからね!”って。”大事にするからね!”って。

シーズンオフになってからは、私も心のゆとりが出来てきて、それを感じた子どもも、お友だちを毎日のように連れて帰ってきます。

肉体労働でヘトヘトに疲れた私のほっこりタイムは、子どもたちとのアフタヌーンティーの時間 ただのおやつの時間です・・・

毎日お菓子を作るわけにはいきませんが、時々あるもので超簡単に!至ってインスピレーションのようなお菓子をちょちょちょーいって感じで作ります。もちろん”へんちくりんな”ものを作るときもある・・・

でも今日は大成功だった!”さつまいもとりんごのパンケーキ”

朝からリンゴジャムを煮ておいた。さつまいもをたくさんもらってあったので、お砂糖を加えてマッシュにして冷凍しておいた。(クッキーでも作ろうと思って)

200901_small ホットケーキミックスにそのさつまいものマッシュとリンゴジャム、卵、ミルクを加えて、フライパンで焼いたら、と~ってもいい香りがして、素朴なパンケーキが焼けた

子どもたちも「美味しそうな匂い~!」って。久々のヒットかも  

我が家にはかわいい”小さい子ども”と、かわいくない無精髭を生やしている甘いもの大好きな”大きい子ども”がいるので、作りがいがある。

大きい子どもの方は何でも美味しいと言ってくれる。きっと味オンチなんだね 小さい子どもは私に気を使って「僕は美味しいと思うけど・・・」というお利口な言い回しをする。そして二度とそれを食べようとはしない。

今日のパンケーキは売れた売れた!私も大満足 今度は何を作ろうかな・・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

こんなアイス見たことありますか?

日曜は本当に寒かった!ニュースでは低温注意報(?)が出てるって主人が言っていたけど、そんなのはじめて聞いた。

朝起きると、外の温度計は-4℃だった。風もゴーゴー唸っているから、晴天なのになかなか気温が上がらない。

お風呂の湯沸かし器も凍ってしまって、お湯の蛇口からお湯が出ない。もちろん洗濯機からはいつものごとく水も出ない。

知恵を使えば何とかなるのさ~ 自然の厳しさをこれでもか!これでもかっ!ってやられるけど、ぜーんぜんへこたれてませんからねぇー。

前日子どもが持ち帰った上靴を 粉せっけんを入れた水につけておいた。子どもが少しでも洗いやすいようにと思って。

200901_001_small そしたらどうでしよう!こんなが ”上靴アイス” が出来ちゃった 

いつもは「お母さん洗って~」っていう息子も、それを発見した時は嬉しくって嬉しくって!喜んで寒い中パジャマと素足で洗っていました。

もちろん優しい母は、バケツに温かいすすぎ用お湯を何回も汲みましたが・・・

そういえば、主人が面白いこと言っていたよなぁ~。あんまり寒いので「外より冷蔵庫の中の方がいいよねぇ~」って・・・ じゃー入ってれば~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すっかり男になっている!

先日 ”心が平安” なんて書いた後、ハプニングが2日続いた。そういうのって、私たち仲間の間では ”お試しが来た!”って言っている。 はじめての冬なので何が起こるかわからない・・・ということも書いたよな~ 

経験がないことに関しては、本当にビックリだもんね。想定外 なんで~??? 

オーナーが山の中に置いておいたショベルカーを、作業のために移動させようとした。

氷点下が続いた週末。エンジンもなかなかかからない。どうもこのショベルカーは私との相性が悪いみたい。わたしのいうことはあまり聞いてくれない

無理やり動かそうとすると、エンジンが止まって・・・ やっと作業を終えたかと思うと、油のシミが、お漏らししたかのようにタイヤ(?)の上に・・・ 

え~???なんじゃこれ??? と思うのも束の間、後ろから小さい音でジャージャー言っている うそぉー 軽油のタンクの底から油が漏れている

慌てて 空のペットボトルや雑巾をたくさんを取りに行った!焦りながらも、戻ったついでにトイレには寄っておいた。(←けいちゃん、少しは余裕あるじゃん!) 

だってこれから、タンクに入っている大量の軽油をペットボトルに受け取らなければならないんだもん

タンクの底には手が届かない・・・ ペットボトルにはすぐに油が溜まってしまう 軍手には油がたくさん滲みていく・・・ 時々顔にも軽油が飛んでくる 上着のそで口も軽油でべちょべちょ・・・ ここに悪魔が来てマッチを擦って落としていこうものなら、私は全身燃えていきそう

油まみれのまま、私の山の師匠(今日は仕事のはず・・・)にダメもとで電話した。そうしたらどうでしょう!プルルル・・・って繋がった!ラッキー

すぐに駆けつけてもらい、二人とも油まみれになり、タンクを外し終え、私は板金屋さんへ

いつもみんなに甘えてばかりではいけないので、数日後、修理を終えたタンクを、私一人で付けてやると心に決めて、やペンチを上手く使い、ショベルカーを大股で乗り降りしながら、なんとか元通りに取り付けることができた

200901_002_small 大満足の私の口から、思わずこんな言葉がでちゃった・・・ ”女にしておくのは、もったいない!”

それからというもの、私とショベルカーが仲良くなったのは、言うまでもない

↑これがこれから私の片腕の頼もしいショベルカーです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

わさび漬けを作る

今日も朝の気温はー2℃。毎日 外は天然冷凍庫状態です。

初めての冬の山・・・ 寒さはどうなるのか???と心配していたけど、最低限の冬支度をちゃんとしておくと、とりあえず安心

でも初体験だから、どんなことが起こるかわからない・・・ 昨日から洗濯機のホースが凍っている。管理棟のデッキも凍っている。窓を開けようとすると、結露が凍っていてジャリジャリいう。でもそんなことたいしたことじゃない。それより面白い今までとは違うことがあるから楽しいぐらい

そんな寒い山での生活ですが、こんな楽しみもありんす この間地元の方が山の川に放置され育った”わさび”をた~くさん持って来てくださった。葉と根っこ付きで

200901_005_small

その方はわさび漬けを作るんですって!それを聞いた私も作ってみたーい(←やりたがりの私です)って思い、さっそく作り方を教わりました。

(←わさびの葉っぱと他の方にもらった大根たち)

Smallわさびの葉っぱを洗ってみじん切り。塩もみして一晩おく。酒粕はお酒を加えてなめらかにする。酒粕のつぶつぶを無くすために、ざるで漉したら、私の場合何時間もかかってしまった・・・ もうたーいへん!

めげることなく、頑張ったぞ マッシュドポテトみたいなのがマイルドにした酒粕です。水気をしっかり切ったわさびの葉っぱと酒粕を混ぜて、少々みりんで隠し味。それから辛みをつけるために、新鮮なわさびを2,3本スリスリして、贅沢に入れるのだ 

太いわさびを惜しげもなく擦っていると、何ともいい香りが漂い、なんて豊かな時間でしょう~って、感動した この山に来て、地元の皆さんからとても良くして頂いて、何度こんな豊かな時間を味わっただろう・・・

013_small 最後の仕上げは、我が家にあった不思議な”奇跡の塩”なるものを出来上がったわさび漬けの上にポン!と一晩のせておいた。

初めて作ったのに、結構イケル みたいーなー!

我が家だけでは食べきれないので、近所の友人たちやいつも仲良くして頂いている一人暮らしのおじさん、おばさんにお届けしました。

山での暮らしは、特に何があるわけではないけど、小さな小さな暮らしの温かさがあって、それがなんとも心地いい~んです。小さなシアワセがいっぱいあるような気がする私です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心の平安

久々のプログ・・・

キャンプシーズン中は家族で出掛けることも出来なかったけど、冬はやっと3人でお出掛けできる。私の実家は京都の伏見区。宇治との境目の”日野”というところです。親鸞上人のお生まれになったところで有名です。年末から京都に久々に帰ってきました。

やっぱりええわ~ ”ふるさと京都”は、ほっこりするでぇ

白みそのお雑煮も食べられたし、両親も元気そうだし、大好きな兄家族とも久々に会えたし!何にも言うことないわぁ!

初詣は平安神宮に行って来ました。おみくじは子どもと私の二人とも「凶」でしたけど でもおかしくって大笑いしちゃった!

私は”平安”という言葉が大好きです。

冬の山は風がゴーゴー吹いていないとき以外は、とっても静かです。寒くて毎日外の水は凍っています。洗濯物も干した途端にカチコチ!

家の中で籠もることも多いですが、昨年末から心がとっても穏やか・・・というより”平安”なんです

20歳の頃から、ずっーと ”心の平安” を求めてきました。たくさんの本を読み、ヨガや瞑想を習ったり、不思議なことにたくさん関わってきました・・・・・。今もですが

大自然の中で暮らしているので、毎日自然たちに癒されています。冬なので心の活動も休息しているのでしょうか?訪れる人も少なくなりました。

自分と静かに向き合える時間が、今の環境にはたっぷりあります。バタバタしていたりセカセカしていると、内側の本当の自分に気づいてあげることもできません。

そういう意味では、静寂の中、毎日暢気に過ごさせてもらっています とっても幸せです

家事をしていても、しょっちゅう涙が込み上げてきてしまうんです。いろんなことが有り難くって有り難くって

たくさんの人達に支えられ、愛されて生きている実感が、細胞レベルで感じてしまうこの頃です。

もちろん未完成の人間ですから イラッんんもぉ~っていうこともありますが、それでも穏やかな日々を過ごさせて頂いています。

先日も主人とファミレスに行ったとき、主人がトイレに席を立ち、一人で食べている最中に、至福感というのでしょうか?込み上げて来ちゃって・・・これまた”あほ”みたいに涙がポロポロ 出てきちゃって・・・しまったっ~ 泣くときは場所を選ばなければ・・・

大声で笑っているかと思えば、幸せで涙をポロポロ流している私のことを、いつものことかと家族は思っている・・・ こんなアホで、子どもみたいなお母さんでごめんね。ありがとう

主人は仕事から帰ってきて 「鼻声じゃない?また泣いてたの?」って言う始末です。

こんな環境に暮らすことを許してくださった家族やこちらのオーナー、そして天の神さま”あ・り・が・と・う” 心から感謝しています

こんな私ですが今年もよろしくお願い致します

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »