« 今日の朝の眺め | トップページ | 月の明かり »

地元のお祭り

0810141 

もう1ヶ月前のことになりますが、地元では、10月14日(前夜祭)15日(本祭)に毎年お祭りが行われます。

「ここのお祭りは有名なんだよ!」って友人から聞いていて、とっても楽しみにしていました。今年山の住人になった私たちにとっては初めてのお祭り!なんだかワクワクしながら行って参りました。

お祭りっていっても、参道に出店が出るわけでもなく、お墓と林の中には、ポツポツと電球がぶら下がり、「きもだめしできるねぇ~」なんて言いながら神社へと向かいました。

お祭りの一週間前の日曜日、地元の男性陣が朝から一日がかりの準備をしてくださいました。きっとその日以外にも、知らないところで、たくさんの事をしてくださっていることと思います。主人もお餅を丸めたり・・・したそうです。

神社に着くと、神前に神楽の舞台が作られていました。この地域には清沢神楽が受け継がれていて、この子之神社でも神楽の舞いが行われるのです

天井には、写真でおわかりになるでしょうか?五色の紙で作られたシデという飾りが、地元の男の方によってなわれた、しめ縄に吊り飾られていました。

煌びやかな中にも厳かな空間が出来上がっていて、清沢神楽の舞台となるその空間は”神楽道浄(どうじょう)”と言うのだそうです。

いつもは長靴で軽トラ!だったり草刈り機をブンブン鳴らせて草刈りされている地元の方々が、神楽道浄の上で、神楽の衣装を身にまとい、神楽を舞われている姿には、ドキッ!としてしまいました

この地域はなんて素敵なところなんだろう!って感動してしまいました。

神社から鳴り響く太鼓や笛の音も、とても素晴らしいものです。私も笛を習いたくなっちゃった

写真は宇須売の舞(うずめのまい)ですが、それ以外にもたくさんの演目が舞われました。とてもとても温かい心のこもったお祭りだなって感じました

よかったら来年参加してください

|

« 今日の朝の眺め | トップページ | 月の明かり »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地元のお祭り:

« 今日の朝の眺め | トップページ | 月の明かり »