« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

チビッコギャングと戯れる

今日は、久々に友人の子ども達を午後から預かることになりました。3歳の男の子と6歳の女の子です。

時間がたっぷりあるので ”お散歩しよう!”ということになり、キャンプ場内の散歩道を一周まわることにした。

私は子どもが大好き!小さい子どもと手を繋いで、歌を歌いながらお散歩するのも大好き なのです。

”小鳥はとっても歌が好き~♪ かあさん呼ぶのも歌で呼ぶ~♪”って、私の18番がすぐに口から出てしまう!Kも一緒に歌い出す

二人は私のこと ”けいちゃん!”って呼びます。周りの大人がそう呼んでいるからですが、どうもそれだけじゃない・・・ そう~たぶん友達と思っているみたい 

子どもと一緒にいるとハプニングがたくさんあるし、それに会話がとってもおもしろくて、楽しいんだぁ~。

3歳のKは、「いのししいるかなぁ~?ライオンいるかなぁ~?K先行くね~」って走っていったかと思うと、ズボッ!って転んじゃったり・・・

私が、この場所で大切なブローチをなくしたって6歳のMに話したら 「天使や妖精にお願いすればいいじゃん!」って偉そうな言い方されちゃう もうとっくに、何回もお願いしたけどダメだったんですぅ

いつもの見晴らしの丘のところで、”へんてこりんなキノコ”を発見しました!

081126_002_medium 写真ではよくわかりませんが、全体はグレーの色をしていて、丸い頭の周りは、タイルが割れたような柄のあるヒトデみたいなものがくっついていて、なんとも不気味な感じです

名前は今のところわかりません・・・

キノコには悪いけど、気持ち悪くて、キャーキャー言いながら、3人で棒で突いたり、触ったり、飛ばしたり・・・ 

Mがあまりにもニヤニヤするので 何 と思えば・・・ 知らない間に、私の頭に不気味なキノコがのっかっていました もぉーMのバカぁ~

そんなこんなで大騒ぎした後は、管理棟に戻って、白玉団子を作りました。

私が団子を茹でている間に、この二人のチビッコギャングに、きな粉とお砂糖を混ぜてもらっていたのですが、そのテーブルの上が、どうなっていたか・・・は、想像におまかせ致します

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風花が舞いました

081119_001_mediumすっかり山は紅葉し、キャンプ場内の木々たちも、綺麗に色づいています。

掃いても掃いても、落ち葉は積もるばかり 見上げれば、枝の先にスタンバイしている葉っぱたちが、まだまだいるので、落ち葉の絨毯を楽しもうと考えています。

昨日からの強い風は、今日も朝からゴーゴー唸っていました

今日はこの冬一番の冷え込みということでしたが、ホントに寒かった・・・。朝から頭がとんがりそうなぐらい(←とがっているようなという意味です)で、少し痛く感じました

そんな寒い中、K小学校の1,2年の子ども達が、峰山小の子ども達との交流会で、キャンプ場に”秋見つけ”にやってきてくれました。ほっぺもお鼻も真っ赤になっちゃって・・・

子ども達が峰山小に戻ってからは、私も急いで、靴下2枚に、腹巻き、レッグウォーマー、マフラーにエプロン・・・(年を感じるこの頃) 思いっきり着込んで、昼食作りのお手伝いに行ってきました。

午後戻って着たら、車から降りるのも面倒で、(寒いから動きたくなくなっちゃった)放心状態で空を眺めていたら、なにやら白いものがパラパラ落ちてきました。えっ?もしかして? やっぱり!

空から”風花”がパラパラ・・・ 消えたかと思うと、またパラパラ・・・

働き者の私でも さすがに今日は動きたくない・・・ 寒い 昆虫の気持ちがとってもよくわかる

そのうち、風花なんてかわいいこと言っていられないぐらい激しく舞うので、驚いた!!!

あ~あ~冬の山は寒いんだろうな~ もっと寒くなるんだよねぇ~きっと。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

月の明かり

夕方から家事に追われ、やっとホッとしたころに、「あっ!洗濯物しまい忘れてるウー」とか、「なんで今頃、これを外に取りに行かなくっちゃいけないの~」っていうことが時々あります。

外に渋々出てみると、そんな時に限って、お月様がとっても綺麗に輝いている!

「そっかぁ~、お月様が呼んでいたんだぁ」って急に嬉しくなり、やぁだ~ ん、もぉ~って心がスッ~と消えて、とっても優しい気持ちになります。

町に住んでいた時も、お月様を見るのが大好きでしたが、この山のてんっぺんで見る”お月様”はそれはまた素敵です! だって、外灯もない真っ暗な中で、明かりはお月様だけなんですから!

いつもは日が沈んでしまうと、真っ暗。暗くてとても怖い~

でも、満月の時は、月の明かりだけで、管理棟から続く”道”が浮かび上がり、とっても幼想的というか神秘的で、思わず「道が見えた!」って叫んでしまいました

このまま部屋に戻るのはもったいない部屋でくつろいでいる主人について来てもらい、懐中電灯なしで、浮かび上がった道を、いつもと違う感覚を味わいながら、テクテク歩いてみました。

ウサギに会えるかなぁ・・・カモシカがいるかもしれない・・・なんて。

キャンプ場にはパオ(モンゴルゲル)が建っています。そのパオもまるでUFOの母船のように白く浮かび上がり、月夜の大自然の中は、神秘的で、自然の威厳が漂っていました。

幼想的なんだけど、ちーっと怖い・・・ こちらが「お邪魔致しますm(_ _)m」って言わなければならないようにさえ感じる・・・ 

そうね、もともとあなた達の居場所なんだもんね。ごめんなさい。いつもお邪魔していたのは、私たち人間でした

パオが母船なら、他にもUFOが舞い降りて来そうな・・・ 急に宇宙人が木陰から出てきたら・・・なんて想像しただけで、おしっこちびっちゃいそうそんなこんなで長居は無用!後ろをキョロキョロ気にしながら、戻って来ました。

ここ4日間、毎夜お月様がとっても綺麗でした。

そう、このキャンプ場は”LUNA・Luna”でしたっけ!(LUNAはラテン語でお月様の意味です

| | コメント (2) | トラックバック (0)

地元のお祭り

0810141 

もう1ヶ月前のことになりますが、地元では、10月14日(前夜祭)15日(本祭)に毎年お祭りが行われます。

「ここのお祭りは有名なんだよ!」って友人から聞いていて、とっても楽しみにしていました。今年山の住人になった私たちにとっては初めてのお祭り!なんだかワクワクしながら行って参りました。

お祭りっていっても、参道に出店が出るわけでもなく、お墓と林の中には、ポツポツと電球がぶら下がり、「きもだめしできるねぇ~」なんて言いながら神社へと向かいました。

お祭りの一週間前の日曜日、地元の男性陣が朝から一日がかりの準備をしてくださいました。きっとその日以外にも、知らないところで、たくさんの事をしてくださっていることと思います。主人もお餅を丸めたり・・・したそうです。

神社に着くと、神前に神楽の舞台が作られていました。この地域には清沢神楽が受け継がれていて、この子之神社でも神楽の舞いが行われるのです

天井には、写真でおわかりになるでしょうか?五色の紙で作られたシデという飾りが、地元の男の方によってなわれた、しめ縄に吊り飾られていました。

煌びやかな中にも厳かな空間が出来上がっていて、清沢神楽の舞台となるその空間は”神楽道浄(どうじょう)”と言うのだそうです。

いつもは長靴で軽トラ!だったり草刈り機をブンブン鳴らせて草刈りされている地元の方々が、神楽道浄の上で、神楽の衣装を身にまとい、神楽を舞われている姿には、ドキッ!としてしまいました

この地域はなんて素敵なところなんだろう!って感動してしまいました。

神社から鳴り響く太鼓や笛の音も、とても素晴らしいものです。私も笛を習いたくなっちゃった

写真は宇須売の舞(うずめのまい)ですが、それ以外にもたくさんの演目が舞われました。とてもとても温かい心のこもったお祭りだなって感じました

よかったら来年参加してください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の朝の眺め

今日は一人息子の11歳のお誕生日。1週間風邪で学校をお休みしていたので、今日は久々の登校です。子離れしていないお母さん(私のこと)は、一緒に坂を下りました。

大声で”バイバ~イ!”って言いながら、姿が見えなくなるまで、互いに手を振ることが出来るのは、後何年も無いはず・・・でも、町に住んでいれば、すでにアウチだけどね!

山は、もう時々息が白くなることがあります。土曜日曜と雨が降ったので、今朝の空気はとても澄んでいて、冷たくていい気持ち!もしやと思い、キャンプ場の見晴らしの丘に行ったら、やっぱりとっても素敵な風景が広がっていました!

081110_004_large_3 標高730㍍あるこの場所からは、こんな素敵な雲海が見えるんです!天と地を中間で眺められるんです。でも数分でどんどん雲は変化するので、デジカメを取りに行っている間に、アチャチャということも・・・ありんす

夜空の星も、それはそれはとってもきれいなんですから!星ってこんなにたくさんあるの?って思うほど輝いています!

星だけでなく、先日、友人たちが夜に写真をパチパチ撮っていたら、オーブがたくさん写っていましたっけ。今度私も挑戦してみようっと。皆さんもいかがですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私の”かかと”の面積

山で暮らすようになって丸7ヶ月が経った。始めの3ヶ月で驚いたことがあった。それは”かかと”の面積が増えていたこと・・・  とってもビックリした!かかとが増えるなんて全く考えもしなかったから!

今まで2,3分のT薬局に行くにも、暑いから、寒いから、面倒だから・・・と楽を選択して車で行っていた私が、この山に来てからは、山の坂道を何度往復していることか!町の坂とは偉い違う・・・急なところが多いんだから

「きっとヒップアップするに違いない!みんなはフィットネスクラブに通うけど私は生活自体がフィットネス!」って思っていたのに、そんなかっこいいものではなかった・・・

でもね、「私って、大地にしっかり足をつけて生きてるんだ」って感じて嬉しくもなった。それを”グラウンディング”って言葉で表現するんだけど、結構”天”ばっかり見て、夢見ることも多いから、ちょうどいいとも感じている。

けどーけどー、7ヶ月が経った今、「なんで、ここ固いの?」っていう場所を発見してしまった!

また面積が増えて・・・ナンタルチア~~ 

どんどん私の”かかと”の面積が広がって・・・いったいどんな足の裏になっていくのだろう?”わらじ”って言葉が頭に出てきた・・・ 怖いけど、ちょっと楽しみ今度、山のお婆ちゃん達に足の裏を見せてもらおうっと。写真でお見せできないのは、残念です・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »